ゆーみんの「希望の扉」7 毎日の小さな努力を大事にしていこう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは、凡人が秀才に勝つ方法って、あると思いますか?
学校の受験勉強では、凡人は秀才に勝つ事は出来ません。

 

でも、社会に出ると、この常識はそうでもなくなるようです。
社会生活においては、学業の成績だけが人生を左右するものではないように思います。

 

むしろ、学校で勉強が出来た事が仇になって、なぜか失敗する人も少なくありません。
そして、その研究対象で最も参考になる人物が、松下幸之助さんです。

 

ハーバード大学教授のジョン・p・コッター氏は著書「幸之助論」で、松下幸之助氏の少年期を評して、このように記しています。

 

「幸之助を並み以上の才能を持つ人物と見なす人は、ほとんどいなかった。彼は凡庸の少年だった」と書いています。

 

その平凡な少年が、あのような大成功を収めた決め手について、コッター氏は、自分の著書でこんな風に述べています。

 

「家柄が良いとか、東京大学出身であることは素晴らしい事だが、それは何ら本質的なことではない。これと同じことは、抜群の知性、優れた容姿、豊かな個性についてもあてはまる。この種の要素より重要な事は、信念とそれを支える理想なのだ」と。

 

つまり、松下幸之助さんは、生涯学び続け、将来の燃えるような信念と理想があり、その継続と実行を支えていったのです。

 

そこに、一つの大きな成功のヒントがあります。
松下幸之助さんは別にして、凡人の唯一の武器は、コツコツ続けることなのです。

一度に大きな事は出来ないけど、小さなことを少しづつ積み上げていく事なら凡人には出来ます。

 

その事に私たちは勝負を賭けたら良いのです。
いかがでしょうか?

 

凡人が秀才に勝つためには、強い信念とそれを支える理想を抱きながら、コツコツと努力を重ねること。

 

これが一番の強みになると思います。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 目の前のことをコツコツと努力し、一つ一つ着実にクリアしていくこと…それが、松下幸之助の姿勢ですね!
    私達にもとても参考になる生き方と言えると思います。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      共感して頂き、ありがとうございました。本当にそうですね。毎日コツコツ継続していく姿勢を、大事にしていきましょう。
      ありがとうございました。

  2. 希望を持って諦めず、いつもコツコツ一歩ずつ前進。それをずっと継続した結果が、今の世界のパナソニックを築き上げましたね!
    本当に素晴らしいことです!
    今日も気付きのブログをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      希望を持ち、いつも一歩ずつ前進し、諦めなかった松下幸之助さんの姿は素晴らしいですね。
      継続の大切さを痛感します。本日も宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました