開運への導き88~「自分の味方はやはり自分自身です」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

人は他人にどう見られているのか、常に気になりますね。
褒められれば嬉しいし、悪く言われると悲しい。

 

嫌われれば落ち込むし、好かれていれば心は穏やかです。
尊敬されれば生きる勇気が湧くし、無視されれば、生きる自信まで失ってしまいますね。

 

人間はそうして、喜怒哀楽と付き合いながら生きているのだと思います。
しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。

 

他人の「評価」とは別に、「自分」が存在する事を忘れてはいけないのです。

 

最も大事にしなければいけないのは、「他人の評価」ではなくて、「自分」なのだと思います。

 

自己評価が高ければ、他人の評価が例え得られなくても、自分自身を労わり、機嫌よく過ごすことが出来るでしょう。

 

他人の評価は、確かに的確な事もありますが、その評価が人生のすべてを決めるわけではないのです。

 

他人も不完全な人間であるからです。
その上で、もしも想定外の事を言われたとしたら、「赦す」気持ちも大事だと思います。

 

褒められれば謙虚に喜び、悪く言われればそれも受け止めていく。
自分の気持ちに、主体性を持たせることが必要です。

 

いつも心の底には、他人の評価に関わりなく、存在する「自分」を認め、
しなやかに生きる勇気が必要です。

 

それは、根拠のない自信と言ってもいいかもしれません。
自分だけの花を咲かそうと思ったら、自分だけが持てる決意と努力が必要ですね。

 

花が咲く為には、太陽、空気、水が必要ですが、人が輝く為には、「愛」が必要です。

 

それは自分に対する愛であり、他人に対する愛であり、神様や仏さまが持つような無条件の愛が必要です。

 

自分を愛する気持ちと同時に、他人に対する愛の気持ちを深めていきましょう。

 

それは、目の前の人を大事にしていく事です。
今日も応援しています。

 

 

コメント

  1. 人から褒められたら謙遜する。人から非難されたら感謝する。
    そういう気持ちで生きていくと、人生は良運に恵まれるのだと思います!
    「愛」は人間の持つ最高の良心ですね!マザーテレサの言葉には、至る所に「愛」という言葉が出てきます。
    簡単なことですが、物凄く難しい奥の深い課題だと思います。100%に到達できなくても、そういう理想に向かって生きていけば、必ず良い方向に導かれるという根拠のない自信だけは持っています。
    大風呂敷を広げず、目の前のことにコツコツ努力する毎日を過ごしていきたいと思います。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      コメントありがとうございます。はい。「愛」は人間が持つ最高の良心だと私も思います。
      その頂点にいらっしゃるのが、マザーテレサではないでしょうか?私達も生きている間に、そういう理想に向かって、
      少しでも努力していく事が大事ですね。目の前にいる人たちを大事にして、自分の出来ることをコツコツやっていく。
      そういう姿勢を、神様は必ず喜んでくださると感じています。
      今日も心のこもったコメントをありがとうございました。

  2. 与えよ。さらば与えられん。
    まずは、自分をしっかりと持つことが必要ですね。
    人の評価に一喜一憂せず、安定した心の持ち様がとても大切なことだと思います。
    その上で、利他の精神で、周囲に愛情を注ぐ生き方をしたいものです。優しい心の持ち様で、まわりに尽くすと、必ずそれが自分に返ってきますね!それが自然の摂理だと思います。
    今日のお話しは、とても深いお話しでした。
    ゆーみんさんのこれからのご活躍を期待しています!
    素晴らしい気付きを今日もありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      ありがとうございます。人の評価に一喜一憂しないという事が、一番私が言いたかったことです。
      それを理解していただき、深く感謝いたします。人による評価に振り回されると、心がいつも揺れて、
      本来の力を発揮できない様に思います。周囲に愛情を注いでいくと、自然に振舞えるように思います。
      今日も有難いコメントをありがとうございました。感謝いたします。

タイトルとURLをコピーしました