未来を先取りするために、やった方が良い2つの事

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは、夢を叶える為にどんな行動をしますか?
新しい事に挑戦する事 ②SNSの発信をする事が大事です。

 

常に神様に愛されている私たちは、挑戦する事を余儀なくされていると感じます。

 

挑戦する事は、不安だし、失敗もつきものですね。
でも、限られた命をフルに活用しなくてはいけません。

 

今日は、②SNSの発信について、私が思う事を書いていきたいと思うので、良かったら参考にして下さい。

一日20分で投稿の記事を書く

最近私が目指しているのは、毎日決まった時間に記事を書く事です。
出来ても出来なくてもダイマーをかけて、15分にセットします。

 

あくまでも時間は目安なのです。
そして、次の日の投稿文を、前日の朝に書いてしまいます。

 

なぜなら仕事もあり、一日のうちでずっとブログにかける時間がないからです。

 

短時間で、その日に気になったネタや、メルマガの投稿、本で印象に残っとことなど、自分の記憶にあるうちに書くようにしています。

 

そんな生活を始めて約8ヵ月・・・。
最初は、全然書けず、一日費やしたこともあります。

 

でも、最近は書く事が思い浮かばなくても、とにかくPCの前に座って自分にプレッシャーをかけ、ひたすら言葉が降ってくるのを待ちます。(笑)

神様の助け船が必ずある

すると、どんな事が起こるでしょうか?
キーボードを打つと、突然書きたいという自分の声が聞こえてきます。

 

要は何でもいいのです。
書けない時は、「今日は何も浮かばない」でもいいと思います。

 

とにかく、ブログに向かう事。
そして一行でも書こうと努力する事ですね。

 

「成功者は誰でもできる事を、徹底的に実践した人だといいます。」
特別な才能などなくてもいいのです。

 

要はやるかやらないか。
継続できたかどうかの違いだと私は思います。

人は尊敬するより好きが一番!

よくブログに書く時に、大好きな作家やセミナー講師の言う事を鵜呑みにして、それが真実だと思ってしまう事があります。

 

私も数名メンターがいるので、そのメンターのおっしゃったことを真実だと思い込み、引用させていただく事が多いです。

 

でも、人って間違う事があるんですよ。
だから、どんなに素晴らしい人でも完全はないし、その人に合う、合わないもあると思います。

 

そして、その講師が言ったから、それが絶対正しいと思うと思考が停止してしまいます。

 

その方が仰ったことで、生活の中で使える部分を抽出し、行動してこそ意味があるのだと思います。

 

学んだだけでは、何も意味をなさない。
自分でどう考え、どう動くのかが大事になってくると思います。

まとめ

本を読むときも同じことが言えます。
その著者の意図をくみ取って読むだけではダメなのです。

 

自分の解決したい悩みを本の中に見つけたら、まず自分でその答えを考えてみる。

 

その後、著者がどんな答えを本の中で言っているか、照らし合わせてみると良いのです。

 

それを速読法で、「1ブック3ポイント1アクション」と教えて頂きました。

 

本を全部1ページ目から最後まで目を通すのではなく、自分の悩みや、自分が明日から使えそうなものにだけ焦点を当て、3つだけ選ぶのです。

 

そうして選んだら、自分の中でまず答えを考える。
次に本の中で、どんな回答をしているのかを探しながら読む。

 

そうすると、本て15分から20分で大事な部分が読めるのです。
本を全部読む必要はない、と理解できたのは嬉しい発見でした。

 

ブログも同じです。
一日のうちで、時間を決めて、出来るだけ短時間で書くようにしてみてはいかがでしょうか?

 

テーマは何でもいいと思いますが、好きなテーマだと色んな感情が湧いてくるので楽しいですよ。

 

なぜ続ける事が良いかって??
それは神様が喜ぶからです。

 

神様は挑戦する人が大好きなのです。
だから、挑戦する人には、色んな「ひらめき」や「チャンス」を与えてくれます!!

 

みんなで協力しあって、幸せな人生を共に歩んでいきましょう!!
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 1ブック3ポイント1アクション…初めて聞きました。
    しかし、同じことは実践してきました。
    まず一つは受験勉強時の参考書の読み方です。
    そして、もう一つはビジネスにおける演繹法の一つの手段です。
    時間を効率的に使い、費用対効果を最大限に引き出す読み方です。
    まぁ、経験から言うと、ビジネス等時間を最大限に用いるためには有効ですが、心に残る読み方は、やっぱり思いに耽りながらじっくり想像力を駆使して読み切ることですね。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、おはようございます。心に残る読み方は、やはり思いに耽りながら読むことですよね。
      読み飛ばせといっているのではなくて、本は暗記するものではなく、「使いこなすもの」と言った方が真意に近いです。
      読んで知っても、実生活に生かさなくては、ただの知識で終わってしまいます。
      本の中の大事なエッセンスを使いこなして、自分の人生に生かしたときに初めて意味を成すものだと私は思います。
      今日もブログを読んで下さり、本当にありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました