ゆーみんの『幸せの道標』83 頼まれごとを喜んでやってみよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

さて、皆さんは『ありがとう』の言葉の持つ力について、どんな風に感じていますか?
意識して使っている方も多いと思います。

 

『ありがとう』の言葉を、目の前にいる人に、何とかしてあげたいと思って使うと、とてつもなく大きな力を発揮すると言います。

 

小林正観さんは、「なぜ『ありがとう』と言われると嬉しいのか」について、本の中でこんな風に仰っています。

 

一人では生活できない以上、人は「人間」として生きていくほかはありません。
人の間に生きているから「人間」なのです。

 

この「人間」として生きるという事は、取りも直さず、自分の為に生きる事ではなく、他に存在するものの為に生きるという事です。

 

それは、人間社会の中で自分が「いかに喜ばれる存在になるか」という事に他ならないのです。

 

「私」がどこまで行くか、どのような人間になるかではなく、いかに喜ばれる存在になるか、という事に尽きます。

 

それは小林正観さんによると、「いかに頼まれやすい人になるか」という事になるそうです。

 

頼まれやすい人であるというのは、喜ばれる存在であるというのに等しく、人に喜ばれたときに、人間の本当の「存在の喜び」が湧いてくるのです。

 

喜ばれることが、人間の最も根源的な幸せであると、小林正観さんは言います。
心にそんなプログラムがセットされていて、「ありがとう」と言われると嬉しいのです。

 

実際にやってみると、相手の喜ぶ美しい笑顔に、「これをさせて頂いて良かった。実は一番幸せで楽しいのは、私ではないか・・・」と思えてきます。

 

「頼まれやすい人」も、この人なら笑顔で引き受けてくれる、と思うから頼むのだと思います。

 

人は、この世に「喜んでもらう」為に生まれてきた。
誰かが喜んでくれて、「ありがとう」と言ってくれた時が一番嬉しい。

 

そして、頼まれやすい人は、「誘われやすい人」になる事も必要だと言われます。
人は一緒にいて楽しい人しか誘わないからです。

 

人に喜ばれる事を意識して、誘われやすい人になれるように、日々少しずつ努力していきたいですね。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 人は生まれる時から「ありがとう」に包まれて生まれてきます。「元気に生まれてきてありがとう!」
    そして死ぬときにも、「お世話になりました。ありがとう!」と言って貰える人生にしたいものですね。
    そのためにも日々、ありがとうと周囲に発する生活を心掛けることが大切なのだと思います。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      私達は『ありがとう』に囲まれて生まれてきたのですね。そのことを忘れず、有難うと人から言ってもらえるような人生を過ごしていきたいです。
      その為にも『ありがとう』の言葉を日々発していく事が大事ですね。
      今日も改めて、この言葉の素晴らしいさを再確認しました。ありがとうございました。

  2. ありがとう、どういたしまして…その交換が続く生き方が、人生の理想なのだと思います!
    ありがとうを言われるまで待っていてはいけませんね。まず自分から発していくことが、とても大切なことだと思います!
    その姿勢こそ神様の喜ぶ姿勢ですね。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      そうですね。『ありがとう』の言葉を自ら発信していく事が、神様が一番喜ぶ事ですね。
      今日も意識して、発信していきましょう。いつもありがとうございます!!

タイトルとURLをコピーしました