開運への導き151~「運を味方につけるたった一つの方法とは」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は、運についてお話しようと思います。
よく「運は運なり巡るなり」といって、どう転ぶか分からないものです。

 

運というのは、数学や自然科学とは違い、因果律ではないから方程式は成り立ちません。

 

でもそれは、ある日ある時、天の一角からやってくると言います。
(渡辺昇一さんの本の中の言葉より)

 

本書の中に、「運」についてこんな言葉がありました。
「神は長き間に拒絶せるものを、しばしば短き一瞬にして与えたもう」

 

これは、長い間一生懸命やってもうまくいかなかった事が、一瞬にして好転するということです。

 

そして、「お天道様は見てござる」という言葉あるように、天は必ず見ていて、悪事を見逃す事はないのだといいます。

 

だからこそ、人が見ていようが見ていまいが、そこで誠の限りを尽くし、「利他の心」で行動する事が、運を招くことになるのです。

 

今、話題の大リーグの大谷翔平選手が、マスコミから「何故ゴミを拾うのか?」と聞かれたとき、彼はこう答えたと言います。

 

「ゴミは人が落とした運。ゴミを拾う事で運を拾う。それが自分にツキを呼ぶ、と高校の恩師から教えられたから」と言ったそうです。

 

恩師への感謝の心を忘れないと言います。
そして、一番大事なのはそれを「継続する事」なのです。

皆さんも、出来るだけ利他の心で、小さな行動を起こし、それを続けてみてください。

 

大谷翔平選手は、本当に良い見本になりますね。
野球への努力は勿論ですが、とても素晴らしい人間力だと感じます。

 

感謝の心で行動すれば、必ず運は味方してくれるようになりますね。
今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 「神は長き間に拒絶せるものを、しばしば短き一瞬にして与えたもう」
    本当にそうですね!
    運とは摩訶不思議なものです。どんなに努力しても達成できないことが、一瞬で叶うということは確かにありますね。たぶん機が熟してないのだと思います。
    でも、ちゃんと努力さえしていれば、機が熟した時に神様は一瞬で叶えて下さるのだと思います!
    一喜一憂せず、地に足を付けて努力を継続することが大切ですね。
    今日も素晴らしい気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      その通りだと思います。共感して下さり嬉しいです。
      一喜一憂せず、地に足をつけて努力さえしていれば、神様は必ず一瞬で願いを叶えてくださいます。
      でも成功するのが目的ではなくて、その過程が大事なんだと思います。
      運を味方につけていきましょう。今日も素晴らしいコメントを有難うございます。

  2. 感謝の心は運を運ぶ元となりますね!
    すべての運は感謝されるところに集まるのだと思います。
    誰でも苦虫をかみつぶしたような表情で、愚痴や小言を言われるところには行きたくありませんよね。運も同じく、歓迎されないところには寄りつかないのだと思います。
    いつも笑顔で感謝して、慈しみの心を持ちたいものです。
    いつも素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      素晴らしいですね。いつでも感謝して、是非慈しみの心で過ごすようにしてみてくださいね。
      Masanori Ogasawaraさんのような方が沢山いたら、地球はもっと住みやすい場所になると思います。
      これからも応援しています。

タイトルとURLをコピーしました