ゆーみんの『幸せの道標』74 歳の重ね方を魅力的にしていこう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

医学博士の帯津良一氏は、アンチエイジングがあまり好きではないと言います。
青年には青年の良さがあり、壮年には壮年の良さがあって、歳をとるのが楽しみだという。

 

髪の毛が薄くなっても、どこか痛い所があっても、それは長い間、頑張って生きてきた証。

 

それを必死になって追い払おうとするのは、自分の体に対して失礼なことだと言います。

 

長生きの中には、歳をとることも含まれていて、色んな所に不具合が出てきて、不自由な事を背負う事だと言います。

 

帯津先生は、いくら節制しても病気になる人はなるし、不摂生な生き方をしていて元気に生きている人もいると言います。

 

先生は、凛として老いるという事をお勧めしています。

 

いいかどうかは別として、素敵に歳を重ねている人は、食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲んでいる人が多いと言います。

 

我慢を自分に強いるのではなく、自分に優しく、ストレスのない生き方をしていると、長生きできるという事でしょうか?

 

とても自由に楽しんでいる人が素敵に見えるし、そんな方は、老いた自分もそれなりに受け入れ、与えられた時間に感謝して毎日を生き生き過ごしています。

 

真面目に生きる事は大事な資質ですが、『健康の為なら死んでもいい』という状態になるなら本末転倒ですね。

 

ソクラテスの言葉に『何よりも大切にすべきは、ただ生きる事ではなく、良く生きる事である』・・とあります。

 

人生を良く生き、楽しむの必要な事を上げると、こんな考え方があります。

 

●好奇心がある事

●楽しみを共有する家族や友人、仲間がいる事

●何かに挑戦する事、新しい事を始める事

●他人と比べない事

●年齢を理由に諦めない事

●誰かの役に立っている、必要とされていると実感すること

●何事も面白がること

●「やってみなはれ」と行動する事

●どんな時も「ユーモア」と「笑い」があること

●今ないものではなく、持っているものに感謝する事

 

このような事柄を上げていらっしゃいます。
毎日が充実し、満たされた生活を送る為にとても大切な事ですね。

 

凛として歳を重ねていきましょうね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. ソクラテスの「何よりも大切にすべきは、ただ生きる事ではなく、良く生きる事である」という言葉は深いですね!
    誠実に凜として生きたいものですね。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

  2. 凜として老いる…いい言葉ですね!
    渡辺和子の「誇りたく生きましょう」…という言葉を思い浮かべます。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      渡辺和子さんの言葉は、とても素敵な言葉ですね。私も大好きです。凛として、これからも頑張って生きていきましょう。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました