ゆーみんの『幸せの道標』㊻幸せにフォーカスしてみませんか?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

俳句の世界の正岡子規という人物を、皆様も聞いたことがあると思います。
現実のありのままを見つめ、それを描くという点で「自然主義」と同じでした。

 

しかし、子規のまなざしは、『ありのままの現実』の暗い部分にではなく、常に明るい部分にのみ注がれていました。

 

子規は28歳の時、病床を抜け出して一人で奈良に行き、『柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺』という有名な句を残しています。

 

子規は、結核菌が肺の病巣に入り込むという難病、胸椎カリエスの激痛に常時苦しみ、結局35歳でこの世を去りました。

 

でも、この句を見ても分かるように、その痛み、辛さ、闘病生活ということを何も書き残しませんでした。

 

この句は、痛みに耐えながらの旅路で詠まれた句とは思えない程、人の心を癒し、和ませるものとして今も多くの人に親しまれています。

 

病気の苦しさ、痛みを綴ってもおかしくない『ありのままの姿』・・・。
でもそれを表現しても、人の心を人の心を和ませることはないといことを子規は知っていたのです。

 

私達は日常生活の中で生じる問題や暗さを、どのように捉えているでしょう。
そういうことを出来るだけフォーカスしない生き方もあるのではないでしょうか?

 

『世の中にはこんなに辛い事がある』と、暗い事を指摘する人よりも、『そんな事もあるよね』と言って、笑顔で淡々と光を投げかけている人の方が、周りを明るくします。

 

難しい事ではありますが、子規のような明るさで、「晴れたら洗濯物が良く乾く」というような、いい部分に目を見受けられる人になりたいですね。

 

そんな魅力ある人を目指していきましょう。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 発想には限度がありません。マイナスなことを言うだけ言ったから終わりではなく、一生マイナスなことを言い続ける人生になります。
    同様にプラスも同じ。それなら、プラスの発想を持ち、笑顔になれることを言い続けた人生を送りたいものですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      発想には際限がない…仰る通りですね!プラスの発想を持ち、笑顔になれる人生を共に送っていきましょう。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

  2. 辛い経験をすればするほど、優しさや慈しみの心が出てくるものです。
    マイナスの経験がプラスを生み出す瞬間ですね!
    嘆いたり悲しんだりする気持ちを感謝や喜びに転換させる強さと大らかさを持ちたいものですね!
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      本当にその通りですね。辛い経験もプラスに転換させることで、優しさや思いやりを生み出すことが出来ると思います。
      今日も笑顔で頑張りましょう。コメント、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました