ゆーみんの『幸せの道標』⑩人生で、2つの事をすると幸せになれるという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は、『幸せになる為の2か条とは何か』・・というお話です。
これは日本の覚者と呼ばれた森信三先生の、「生きがいのある人生」の講話の中より抜粋しています。

 

森先生は、『幸福』について話をする際、いつもこんな風に仰っていました。
それは、このような言葉です。

 

「幸福というものは、これを求めようとしたらかえって得られないものであり、逆に自分の為すべき務めを真剣にやっていれば、自然に与えられるもの」

 

このように、幸福というものは、それ自身を追求すると、かえって得にくいものであり、仮に得られたとして、直ぐに消えていくものだということです。

 

では、どうしたら幸せになれるかというと、森先生はこんな風に仰っています。
それは、人間として為すべき事柄に、真剣に取り組んだら良いというのです。

 

では、その人間として為すべきこととは、いったいどのようなことでしょうか?
それは、次の2点に集約されます。

 

①その人が天分を十分に発揮し実現する事

 

②「人の為に親切にする」という事

 

この二つの事に真剣に取り組めば、どんな人でもいつかは、自然に幸福に恵まれて、幸せになれるというのです。

 

いかがでしょうか?
この2つを守りさえすれば、やがて人は幸せになれると仰った森先生の言葉。

 

とても深いものがあるように思います。
自分の得意なことや、出来ることを一生懸命に取り組み、その上で人に親切にしていく。

 

私は、目の前にいる人や物を大切にし、とにかく誠心誠意取り組むことが大事だと思っています。

 

自分の事ばかりを思うのではなく、謙虚な気持ち、「利他の精神」で生きる時に、森先生のおっしゃるような「幸福」というものに近づけるような気がします。

 

今日も、自分の出来ることを楽しみましょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 利他の精神で自分にできることを一生懸命頑張る、人に慈しみを持って親切にせっする…とても大切なことですね!
    やることをしっかりやっていれば、幸福は自然にやって来る…仰る通りだと思います!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      ありがとうございます。互いに利他の精神を大切にしていきましょう。
      やることをしっかりやれば、必ず幸運に近づくと確信しています。

  2. 自分の能力を信じ、世のため人のために尽くすこと、人に親切に接することが幸福のもとですね!
    目の前のことに一生懸命取り組む姿勢を持っていきたいと思います。
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      自分をまず信じることが大事です。それと同時に、人に親切にする心構えを持つと、おのずから道は開けてくると思います。
      今日も希望を持って頑張っていきましょう。コメントを有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました