ゆーみんの「希望の扉」58 仏様の描くシナリオを楽しんで生きよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日はひろさちやさんの言葉を紹介します。

 

ひろさんの言葉によると、私たちがこの世に生きているのは、仏が書かれたシナリオの中で、それぞれがいろんな配役をもらって、その役を演じているのだと言います。

 

仏が私達に「すまないが、あなたにはこの役をやって欲しい」と頼んでおられるらしく、私たちはそれによっていろんな役割を与えられています。

 

でも、高圧的に命令されたり、絶対に断れないというわけではなく、仏から頼まれたというニュアンスなんだそうです。

 

それが仏様の温かさだという事です。
その「演じる」という言葉は、英語で言えば「PLAY」で遊びなのです。

 

人生には何も無駄なものはないので、自分が演じている役割の意味を考える必要はないと言います。

 

第一、考えても分からないのです。
私達は仏に頼まれて、その役割を演じているからです。

 

仏様が無意味な配役を与えられるわけがないから、仏のお考えでは必ず意味があるのです。

 

世間の物差しで見ると、「いい役だなぁ」と羨ましくなるような配役もありますが、もう少しシナリオが進むと、もしかしたらそれが悪役になってしまう場合だってあります。

 

でも悪役が悪い訳ではないのです。
ともかく、私たちは、仏様の物差しにより、全ての配役が素晴らしいのだと信じましょう。

 

配役の価値の大小を考えることなく、頼まれた配役をしっかりと演じるきることが必要です。

 

神様に喜ばれる生き方を目指して、今日も自分の役割を感謝して演じましょうね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 神様の喜ばれる生き方は、欲が無いシンプルな状態だととても簡単ですが、欲を持つととても難しい試練になるのだと思います!
    良いことを考え、良いことを実践するシンプルな生き方をしたいものですね。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。良い事を考え、良い事をするシンプルな生き方・・本当ん大切な事ですね。欲を持ちすぎないように、気をつけていきたいと思います。今日もコメントを有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました