開運への導き㊼-「幸せは自分の心が決めている」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

「幸せは自分の心に存在する」って仰った人がいます。
今は亡き小林正観さんです。

 

絶対的な価値を持つものとして、誰もが認める幸せという名の現象は、実態は今も過去も存在しないのです。

 

ではなぜ「幸せ」という言葉が存在するのでしょう。
なぜ私たちは、常に幸せになりたいと願うのでしょうか?

幸せは私の「心」が決める

小林正観さんは、幸せは「私」だけに存在すると言います。
つまり「私」が幸せだと思ったら幸せ。

 

隣の人がそれは不幸な現象だと思っても、私が幸せだと思ったら、それは幸せなのです。

 

逆に、目の前に起こった事に対し、「あっ、これは嫌な事だ」「イライラする」と思ったとします。

 

すると思った瞬間に、これは嫌な事、不快な事になります。
つまり、「私」が全部決めているという事です。

 

幸せも不幸も、勝ちも負けも、成功も失敗も、敵も味方も全て自分が決めているのです。

 

「私」がそう決めなければ、それらは全て一切宇宙には存在しないのです。

 

それを全部ゼロ現象として、お釈迦様は『五蘊皆空(ごうんかいくう)』と仰いました。

五蘊皆空とは?

お釈迦様は、人が物事を、重いとか軽いとか、暑いとか寒いとか色付けして、感想をつけて物事を評価した時に、その現象は全部「空」である…という事を後世の人々に伝えたかったのです。

 

この「空」であるという事が分かると、私たちの悩み、苦しみは全て解放されるのです。

 

起こる物事に、本来意味など何もなく、それを勝手に意味付けしているのは私たちの心だからです。

 

物事を、常に「嬉しい、楽しい、幸せ」となんでも好ましい方向に捉えることが出来る人が、幸せな人なのです。

 

「五蘊皆空」とは、仏教の言葉で、この世のすべての存在や現象は「空」であることを示します。

 

五蘊とは、5つの集まりの事で、色、受、想、行、識をいいます。

 

色は肉体、受は感じる事、想は何かを想う好き嫌い、行とは捉われた意思などを表します。

 

皆さんはこの世で、どのような思いを持ち、どのように行動されているでしょうか?

 

常に自由意志が与えられた私たちは、自分の意思でそれを決めていく事が出来ます。

 

このように起こる現象を「空」と捉え、出来るだけ楽しい事を思い浮かべるようにすれば、幸せを感じやすくなると思います。

 

今日も応援していますね。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 五蘊皆空…仏教の教えですね。初めて聞きました。新しい気付きをありがとうございます!
    自分の思いがすべてを決める…その通りだと思います!
    同じことでも感じ方が千差万別、それなら、運を開く明るく前向きな方向に思いを向けたいものですね!
    思い一つで幸せにも不幸にもなります。多くの人が幸せの道に進んでほしいものです。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      仰る通り、自分の思い一つで幸せにも不幸にもなります。幸せは自分の心が作り出したものなんですよね。
      実はすべてが空で、そこに実体はありません。五蘊皆空を知っていたら、心が軽くなる人が多くなるのではないかと思います。
      今日も、素敵なコメントをありがとうございました。

      • 押村好昭 より:

        ゆーみんさんは善の心の多き存在だと思います。人はチンパンジーレベルから神々に近い存在までいろいろなレベルで生活していると俺は思います。生き甲斐志向上心を持ってみんな人生生活をして欲しいです。

  2. 五蘊皆空…深い言葉ですね!
    余計な邪念を排し、無の境地で良い思いだけ持っていたいものですね!
    良い波長を発して、他人を幸せにすることを望めば、いずれその思いは自分に返ってきて自分も幸せになる…自然の摂理ですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      いつもコメントありがとうございます。無の境地で良い思いを持っていると、必ず自分に返ってきますよ。
      自然の摂理を皆さんに知って欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました