カッコいい女性になる秘訣とは!

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

このところずっと秋晴れの天気が続いていましたが、昨日は激しい雨が降っていました。

 

ずっと恵まれた時間を頂いていたんだと改めて思いました。
雨の日も、心豊かに過ごしたいですね。

 

今週も上機嫌で、今日一日何を成すべきなのか、しっかりと自分の心に問いかけていきたいと思います。

カッコいい女とは?

山本耀司さんという、とてもかっこいいファッションデザイナーがいます。

 

彼は斬新的なデザインを好み、自分の作りたい服を作る方で、芸能人や著名人にも熱狂的なファンが多いそうです。

 

よくテレビに登場する落合陽一さんも、彼の服しか着ないそうです。
そんな山本耀司さんですが、彼はこんなことも言っています。

 

「カッコいい女は、ボロを着ていてもカッコいいんだ」と。
服がその人をかっこよくする訳ではないのだと・・・。

 

ファッションデザイナーなのに、ちょっと言っている事が矛盾しているような気もしますね。

 

だって、彼は服を作る人なのですから。
そして、山本耀司さんは、服は大事な生活の一部であるという強い志があるのです。

心がゆがむ人とゆがまない人の違い

そして、カッコいい女は心が歪んでいないそうです。
なぜなら人生を諦めていないからです。

 

依存心のある人、失敗を繰り返す人は、「どうせ私なんて」って思いがちです。

 

失敗ばかりすると、心が歪んでしまうのです
でも成功体験を重ねると、心は歪まないのです。

 

勿論全てが上手くいくとは限りません。
でも、素敵な女は諦めないのです。

 

諦めないし、逃げないから、直ぐ次の行動に移せます。
行動を止めなければ、失敗は起こらないわけです。

 

でも、かっこ悪い人は、直ぐ逃げて、諦めるから、自分を信用できなくなって、結局自分で心を歪ませてしまうのです。

 

カッコいい女でい続けるためには、志を大きくして、それに向かい諦めずに挑戦していく事が大事ですね。

 

すると、手軽に買える服を着ていても、見事にカッコいい女性になることが出来ると思います。

背水の陣も時には必要

決断の遅い人の中には、
「失敗するのが怖いから、よく考えて決めたい」という人がいます。

 

「重要な事は、慎重に決めなさい、熟考した方がい」とアドバイスする人もいます。

 

それ自体は一理あるし、否定はしません。
ただ、失敗を恐れて動かなかったら、物事は何も進まないという事を、知っておいた方が良いと思います。

 

「ぬるい思考」が自分への逃げ場になってしまうからです。
「背水の陣」とはよく言ったもので、後ろに逃げ場がないから覚悟が出来る。

 

そして、それがあるから素早い行動も出来るのです。
逃げ場がない状況というのも、時には必要だと最近特に思います。

まとめ

どうせ同じ人生を生きるなら、「あの人は何だか魅力がある」
「かっこいいな!」と人が憧れるような女性になりたいですね。

 

よく全身シャネルで固めたけど、違和感があって、自分には似合わないと思っている女性がいるとします。

 

でも、着続けていると、それに合う女性に変わっていくのです。
人間は、やり続けると、それに相応しい人になっていくのです。

 

なぜなら、そういったブランドの服には、立派な志があるから・・・。
もし、似合わないと思ったら、その人にはきっと夢や志がなく、形だけ真似しようとするから辛くなってくるのです。

 

大きな夢、志を持っている人は落ち込む暇がありません。
そんな時間は勿体ないと感じる事でしょう。

 

だから、大きな志を持って、宣言し続ける事が大事です。
ブランドの服を毎日着続けていれば、その服に相応しい人になれるように、志を毎日宣言する習慣が大事です。

 

毎日誰かに宣言していけば、きっとその言葉が、自分の物となり、神様の援助も受けられるようになってくると私は思います。

 

一緒に大きな夢や志を持って生きましょう!!

 

 

 

 

コメント

  1. ブランドの服が似合う人間になるように…素晴らしいことですね。
    もう一つ、僕の視点から言うと、男女とも、心の素敵な人は、しまむらの服も高級品と同じように輝かせる着こなしができます!
    品を感じさせる着こなし…これは容姿の問題ではなく、心の素養の問題です。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。まさにおっしゃる通りです。男女とも安い服でも、志の高い人はかっこよく着こなす事が出来ます。
      心の素養は大事ですね。自分を振り返る時間を作っていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました