言葉を大切にすると良い理由とは?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

12月は来年の目標を今から決めると良いみたいです。
なぜなら今は有事だから・・・。

 

今だからこそ、何かを決めて行動を変えていかなきゃ何も変わらない。
今自分が考えている事が、来年の運勢を決める。

 

人間はどんな状況にも「慣れる」生き物らしいです。
こんなものだと諦めないよう、今から行動を決めていきたいですね。

それは人間の都合・私の都合

北海道にあるお寺で、毎月住職が書いている今月の言葉に上記のような言葉があったそうです。

 

私も自分の都合を優先してしまう事が多いです。
自分の都合で考えて、「何とかなる‥」って思ってしまうんですよね。

 

楽観的に生きるってとても素敵な事です。
でも、世の中の流れを見て、客観的に判断することが大事。

 

やり続けて良いものと、撤退した方が良い職業と分かれて来るように思います。

 

宇宙や、神様は公平だから、人間の都合は優先しないのです。
思えば人の命も一緒ですね。

 

いつ死ぬか予想できないし、自分で決める事も出来ません。
だから色々と世の中の流れを見て、見極めることが大事です。

 

自分の命は有限であるということに気付いた時、自分の都合だけで判断しないで、宇宙の意思から何を学べるか考えていきたいです。

人間関係で悩んだら

ちょっと話はそれますが、jamさん(サンクチュアリ出版)が書いた、
たぶんそいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」という本があります。

 

この方は、ゲームのグラフィックの仕事をしたり、漫画やイラストを描いている人です。

 

人間関係で相当悩み苦しかった時に、友人との会話の中でこの言葉を聞き、ぱぁっと目の前が明るくなった体験をしたそうです。

 

要は、「相手はパフェを食べて楽しめるくらい気にしていない」
「こっちだけ悩んだ分、相手が気にするわけではない」ということ。

 

悩んだだけ損なんだ・・・するとこの友人の言葉がすとんと腑に落ちて、悩むのを止めちゃったそうです。

 

でも、これって実は怖い事でもあります。
悩んだ本人だけではなく、悪口を言った相手も深い闇に落ちます。

 

苦しむのは、実は相手側も同じなんですね。
勿論悪口や嫌な事を言われると、心のもやもやが残ります。

 

もっと言えばそこから引き起こされる怒り、不安、憤りは半端ないと思いますし、そこからネガティブな感情が生まれてきます。

 

でももっと怖いのは、そういう言葉を吐いた方の心なんです。
実は悪口は自分に向けて、無意識に蓄積されてしまうのです。

 

そして知らないうちに、ストレスを感じたり、自分のイメージに傷を与えるようになってしまうのです。

 

だから人をけなして気分を晴らしているような人は、知らないうちにどんどん荒れて運が悪くなるのです。

 

たぶん病気になるくらいのレベルに到達するかもしれません。
だから、「口は禍の元」となるのです。

まとめ

私は人間観関係の中で、もし悩む人がいたら、人は自分が悩むほど、自分の言ったことを事を気にしないものだと思って欲しいです。

 

だから必要以上に自分を責めたり、反省しすぎたりしない。
暴言を吐いた人に怒って、無駄な怒りを広げる事を止める。

 

でも、逆の立場から見ると、暴言を放った本人が一番損をするということを知っておく。

 

そして、いつかマグマの様に溜まって、自分にそれが返ってくることを知り、自分は絶対人に対してしないと心に決める。

 

例え愛情の裏返しであっても、一度自分の口から出た言葉はキャンセルできません。

 

その何百倍もありがとうを言い続け、自分で取り戻すしかないのです。
だから、綺麗な言葉を使うと決めた方が楽ですよね。

 

今日も人が喜ぶ言葉、感謝の言葉を使う努力をして行きましょう。
人の幸せを祈ると、色んな場面で神様が味方してくれるようになります。

 

 

興味のある方、詳しい事はこちらをご覧ください☟

開運鑑定・ダイエットトレーニング希望者募集
開運セラピストゆーみんが、算命学と誕生数秘学を使って運が良くなる鑑定をしています。もう一つダイエット事業として、1ヵ月で効果の出るファスティングとマインドフルネスを組み合わせたダイエットトレーニングの講座を開講します。考え方や生き方を、幸せの方向にシフトしていける夢のトレーニング。心と体を調整し、豊かな人生を歩みたい人...

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 僕は楽天家です。本来持って生まれた性格と、数々の経験の蓄積によって、この考え方が形成されています。なぜ楽天的でいられるのか、それは今日の石黒さんの言葉にすべて凝縮されています。
    神様が導いて下さり、直感という武器を授けて下さるからです。僕は何度も墜ちた経験がありますが、その都度引き上げられてきました。
    苦境に陥った時は、心を静め謙虚な姿勢で良いことを考え、良い行いをコツコツ実行する。周囲に感謝し、素直な気持ちになると、必ず神様は、良い方向に導き決断力を授けて下さいます!それを信じ切ることが大切です。そして信じ切る素直さが楽天的思考を生み出します。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、貴重な体験のシェアをありがとうございます。神様が直感を授けて下さり、素直な気持ちで感謝して生きると、その後引き上げてもらえる。そんな体験をすると、心の底から「自分は守られているから大丈夫」って心の底から思えるようになるのですね。
      本当に仰っている事は深いし、勉強になります。自分を信じ切る楽天的思考はとても大切ですね。私も楽天的思考を目指します。

タイトルとURLをコピーしました