開運への導き④-褒めることを意識しようー

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

皆さん。おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日はとても寒い一日でした。
でもあちこちで、花が咲いているのを発見します。

 

日本は四季があって、素晴らしい国ですね。
一年中花が咲いている国も素敵だけど、風雪を耐えて咲く花は綺麗です。

 

お花や自然に触れて、今日も爽やかに生きましょう。
では、今日のメッセージです。

褒めることを意識しよう

私達の置かれた環境は色々あります。
「生まれた国」「住んでいる家」「仕事場」「住んでいる土地」・・

 

色んな場所で、私たちは日々生かされています。
その置かれた環境に、日々感謝しているでしょうか?

 

そういったところを、
とにかく徹底的に褒めるようにしてみてください。

 

自分の住んでいる地域は、何もない田舎だと言わないでください。
きっと都会には見つけられない素晴らしい宝物が沢山あります。

 

仕事の悪口や人のうわさ話をしないようにしましょう。
仕事の悪口を言うと、仕事に嫌われてしまいます。

 

今日一日でいいから、人を責めないって決めてみませんか?
でも、出来なくてもいいんです。

 

人を褒めようと、頑張っている自分を褒めればいいんです。
そして、まず手始めに「国褒め」をすることをお勧めします。

 

「日本て素敵な国だな。」
「こんな素敵な国に住める私は幸せ」って。

 

まとめ

なぜ国褒めをするといいのか分かりますか?
日本は昔から、八百万の神様がいると教えられてきたからです。

 

例えば、私たちは、
「米粒の一粒にも神様がいるから、一粒もご飯を残してはいけないよ」
と教えられてきました。

 

そのように考えると、いろんな所に神様はいらっしゃるのです。
神様は色んな所にいるので、常に私達と共にあります。

 

日本が大好き、故郷が好きって言っている人を、
神様は大事にし、可愛いと思ってくれるのではないでしょうか?

 

神様に可愛がってもらえる人になれたら素敵ですね。
いろんな事や人を、徹底的に褒めることを意識してみるといいですよ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 本当にその通りですね。
    国褒め…良いことですね。
    大戦からまだ80年余り、愛国というと、すぐ戦争という発想を持ち出す左翼勢力がまだたくさんいますが、勇敢に戦った多くの英霊達のおかげで、日本は欧米の植民地になることなく、独立を保ち現在に至っています。国を愛することは、祖先、先人を愛すること。ひいては、その血を引き継ぐ自分を愛することです。
    褒める姿勢、許す姿勢…神様がとても喜ぶ姿勢ですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。私の言いたいことを全部言って下さり、ありがとうございます。
      そうなんです。国を愛する事は、先祖や私たちの周りの人、自分を愛する気持ちに繋がっていくのです。
      褒めること、許す事で神様が喜ばれるなら、積極的にしていきたいですよね。
      人を褒めると、結果的に自分を褒めることになります。
      今日も素敵な一日に感謝しながら、「国褒め」をしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました