自分との約束は自信への大きな第一歩

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は30日間ダイエットの最終日。
長くて短かかった1ヵ月がやっと終わります。

 

思えばこんなに一生懸命何かに取り組んだことは、近年なかったと思います。
来る日も来る日も、ただひたすら一万歩を歩きました。

 

暑い中も、雨の日も・・・。
正直、運動はきつかったです。

 

でも、自分で決めてことだから・・・。
絶対に諦めたくなかった。

 

ただその一心で続けました。
きっと、自分の可能性に挑戦したかったのだと思います。

 

お腹が空いても、その先に小さな光が見えました。
あと少し・・・これさえ乗り越えれば・・・!!

 

いつもそんな感じで、正直なところ余裕はなかったですね。
でも、途中で投げ出そうとは一度も思いませんでした。

 

なぜなら、身体の細胞が綺麗になっていく感覚があったからです。
余計なものを外に排出してくれるような、とても不思議な感覚です。

 

そして、一つの事に集中していると、余計なマイナスの感情がどんどんそぎ落とされていき、朝からハイテンションで活動できるのです。

 

これが続くと更に嬉しくなって、明日もやりたいなと思ってしまう。

 

結果的に私が手に入れた一番の宝物は、スリムになった体ではなくて、何があっても諦めない強いマインドだったのです。

 

自分との約束を絶対守り抜く。」
辛くても絶対に弱音は吐かない・・・。

 

私は最初にそう決めていたのです。

 

10日間のファスティングは、「マスタードリンク」「水」「少量の塩」以外は口にしてはいけません。

だから、私も根性でそれを守りました。

 

お腹が空いても、減食中はお菓子を食べたりしませんでした。
一日2食を守りました。

 

これは、今後の私の人生の中で大きな自信になるような気がします。
やればできるという自信につながりました。

 

 

皆さんも、きっと色々な夢、そしてやりたいことがある事でしょう。

「いつかは〇〇をやってみたい」

「出来ればこんな風になりたい」

 

沢山の理想を持っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

もしそうであるなら、その中のたった一つでいいから行動に移してみてください。

 

いつかは・・・では永遠にその日はやってこないかもしれません。

 

やってみて失敗してもいいと思います。

またやり直せばいいだけですから・・・。

 

心に描く強い思いこそが、現実となって表れてくるのです。

 

細くて誰もが羨むような若くて美しい体・・・
勿論それをイメージして、そうなりたいと思いました。

 

でもそれと同時に、大げさかもしれないけれど私は人生を変えたかったのです。

 

自分の努力でどこまで自分が出来るか、ダイエットを通して体験してみたかったのです。

 

私は人生の中で、最も大切な事は「挑戦し続ける」事だと思います。

 

生きていても、生きる意味が見いだせなくて、自殺したり、自暴自棄になっている人が世の中にはたくさんいます。

 

もし、そういう人がいたら、目を閉じて自分と対話するマインドフルネスを教えてあげたいです。

 

自分と対話して、深い呼吸が出来るようになったら、絶対に心が穏やかになっていきます。

 

例え苦しい事や辛い事があっても、目の前の事に集中して、目の前の人や仕事をとにかく大事にして行けば、必ず神様に応援されるようになります。

 

こんな話があります。

経営の神様、松下幸之助さんと経営コンサルタントの船井幸雄さんが食事をご一緒されたとき、船井さんが、松下さんにこんな質問をされました。

 

「体も弱く、学校にも行っていない松下さんが、こんなに大きな会社を作られたその秘訣は何ですか?」と。

 

この直球の様な質問に、松下幸之助さんはこう答えたそうです。

 

ツイている人と付き合えばいいんですよ。」

ツキの悪い人と付き合ったらダメなんです。」

 

なるほど、単純明快ですね。

 

あなたはどちらのタイプですか?
ツイているでしょうか?それともツイてない人生でしょうか?

 

もしもツイてないと思ったら、付き合う人を変えてみるのもいいですね。

 

そして、苦しい事の先に神様のご褒美が必ずあると信じましょう。

 

実際に必ずあるんですよ。

努力して突き抜けた先には、必ず素晴らしいギフトがありますので、とにかく期待せずに目の前の事に誠実に向き合っていきませんか?

 

あなたならきっとできます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました