ゆーみんの『幸せの道標』92 次世代のために働く意識を大切にしよう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

私達の祖先、ホモサピエンスの歴史の中で、高齢者がなぜ必要なのかという論文を書いた研究者がいます。

 

今最も的を得ている仮説は、高齢者は色々な知識や経験を持っているので、群れ全体の生き残りに貢献するベネフィットが高いので、介護が行われてきたというのです。

 

高齢者の知識や経験が群れ全体の生存に役立つだけではなく、食べ物や狩りの採集に出払っている時に、赤ちゃんの面倒を見るなどして、次世代の育成に役立ってきたのです。

 

高齢者は次世代の為に必要な存在であり、高齢者は『次世代のために働く事』に意味があると言っても差し支えないのではないでしょうか。

 

幸田露伴とい人が書いた『努力論』のなかに、『幸福三説』があります。
幸福三説は、『惜福』『分福』『植福』の3つを言うそうです。

 

🍀『惜福』とは、福を惜しむ事であり、自分だけで使い尽くしてしまわない事。
自分に回ってきた福とご縁に、謙虚に感謝する姿勢の事。

 

🍀『分福』とは、幸福を人に分け与える事。
人の為に尽くすという姿勢でもあり、恩送りという考え方です。

 

🍀『植福』とは、木を植えるように、将来に向かって今から幸福の種を蒔いておく事。
次世代の為に、社会に役立つ努力をコツコツと重ねることなのです。

 

全ては未来の為に、そして次世代の為に準備を進めていく事が大事だと思います。
そして、人生の先輩に対して謙虚な気持ちで、日頃から教えを乞う事が必要ですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 幸福三説…「惜福」「分福」「植福」の話は初めて聞きました。
    「植福」…次世代のため、社会のために貢献することはとても大切ですね!
    人生も後半に入った年を思う時、次の時代のために少しでも役に立ちたいと思うようになりました!
    微力ながら精進したいと思います。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。人生の後半に入った今、私も同じような事を考えていました。
      次世代のために働く事を考え、出来るだけ『GIVE』の精神で過ごそうと思います。
      今日も温かいコメントに感謝いたします。
      ありがとうございました。

  2. 人生に無意味とは無いはずです。年を取って、体が思うように動かなくなり、働くことができなくなっても、生きる使命があって生かされているのだと考えれば、次世代のために様々な事を伝える役割があるのだと思います!
    希望を持って長生きしたいものですね。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      本当にその通りですね。生かされているという事は、次世代の為に、何か貢献せよ…と意味があって生かされているのだと思います。
      希望を持つ事が大事ですね。人生は無意味なものではない・・と考えたら、歳をとることは決して嫌なことではないように思います。
      今日も素晴らしいコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました