開運への導き131~「お金と上手に付き合おう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日はお金の話です。
ある投資家さんが、このように仰いました。

 

お金には「社会の未来を創る」という役割があると・・・。
なぜなら、私たちはモノやサービスを買う事を通じて、「好き・嫌い」の意思表示が出来るからです。

 

多くの人から「好き」を集められた会社は、社会の中で影響力を増していきます。

 

逆に、ほとんど誰からも「好き」を集められなかった会社は、やがて社会の中から、姿を消していきます。

 

つまり私たちが「何にお金を使ったか」というのが、社会の未来を決めてしまうというのです。

 

もしも若いうちから、こういう視点を持って、応援したい商品や会社に対してお金を使うことが出来れば、社会はもっと素敵なものになっていくでしょう。

 

お金は私たちに「フラットであれ」という教訓を与えてくれていると言います。

 

お金は一部の人の元に集まって貧富の差を生むこともありますが、本来は水のようにしなやかに流れる特性を持っています。

 

社会の隅々に行き渡り、循環を生み、素敵な未来を作り、夢を応援するパワーも秘めているのです。

 

人類を発展させた発明品の多くは、その前にお金が誕生していたから生まれたと言っていいかもしれません。

 

勿論お金がなかった時代にも、他人の為に一生懸命になれた人もいたはずです。

 

でも、「お金に交換できる」という世の中になったから、熱心に努力す人、才能を発揮する人が増えたのも確かなのです。

 

お金の「人の努力や才能を引き出すパワー」によって、文明社会の発展は加速したと言ってもいいでしょう。

 

お金の持つエネルギーは素晴らしいものです。
でも、どういう使い方をするかで、お金は良いものにもそうでないものにも変化します。

 

出来れば、社会の為になり、自分も人も幸せになれる、「つながり」を意識した使い方が求められているような気がします。

 

フラット感を大事にして、お金を大事にするけれども執着しない。
そして、心地よくお金を循環させる社会を作っていきたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. お金は循環させてはじめてその価値を発揮します。貯金でも、金融機関に預金しておいてほしいですね。金融機関はその預金を世の中に貸し出しして利息を取ることで富を増やします。預金は社会のためになるのです。
    タンス預金ほど、効率が悪いものはありません。自分のお金だから、どう使おうが勝手だ!と言う方がいますが、社会貢献にはなりません。
    話が横道にそれましたね。
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。確かにお金は社会に還元させてこそ、真の力を発揮できるように思います。
      自分の物として抱え込んでしまったら、お金は窮屈さを感じて、離れていってしまうかもしれませんね。
      社会貢献といことが、理想的な使い方だと思います。今日もコメントをありがとうございました。

  2. お金の使い方は大切ですね!良い使い方をすると社会に還元されて、社会の発展のために活躍します。
    でも無駄な使い方や貯めこみは、ただの紙くずになる危険性をはらんでいますね。
    感謝して、大切に使いたいものですね。
    今日も素敵な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      お金をみんなが感謝して使うようになると、お金も喜びますね。
      良い使い方をして、社会に循環させていきたいですね。
      今日もコメントをありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました