ゆーみんの『幸せの道標』㉜なるべく持ち物を減らしていこう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

一度手にしたものは中々手放せない・・。
こんな経験は、誰もが持っている悩みではないでしょうか?

 

でも、物があまりにも増えすぎると、気分が滅入り、快適とは言えない空間になってしまいますね。

 

その原因は「手放せない」「捨てられない」からだと思います。
禅に「喜捨」(きしゃ)という言葉があります。

 

「惜しむことなく喜んで捨てる」ということです。
お寺や神社で賽銭を投げる事を、こう表現するそうです。

 

大切なお金を、何故喜んで捨てられるのか?
それは、「ひとつ捨てる事は、執着からひとつはなれる事」だからです。

 

執着は心を曇らせる事なので、捨てる事は喜ぶべき行為だと言います。
それは、物についても同じです。

 

「いつか着る」と思って、タンスやクローゼットに入れっぱなしの服は、3年間着なかったら着る機会はないと言ってもいいでしょう。

 

そうであったなら、思い切って捨てる事も大事です。
でも、物を大事にすることは、とても大事なことなので、捨て方にも工夫してみましょう。

 

私は、知人に着てくれそうな人がいたら、譲ることにしています。
あるいは、良い物であれば、フリーマーケットに出してみるのも良いかもしれません。

 

感謝の気持ちで、使わなくなったものを手放してみましょう。
物を減らしスッキリすると、身体にも心にも良い影響をもたらします。

 

残しておくべき、大事な思い出の物は残し、使わないと判断したものは喜捨していくと良いと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 古き良きものは大切にしなければいけない反面、悪しきしがらみから抜け出すことができず、いつまでもダラダラ…というものもありますね。
    自分の向上にとって障害となるものは捨てる必要がありますね!
    取捨択一する力を持ちたいと思います。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      はい。本当にそうですね。古きよきものを大事にしながら、自分にとって障害となるものは、捨てる勇気を持ちたいですね。
      私も精進したいと思います。共に頑張りましょう!!有難うございました。

  2. お賽銭を入れるのは、確かに喜捨と言いますね!
    いらぬ執着心から抜け出して、本当に大切なものを身につける…大切なことですね!
    真に大切なもの「利他の精神」を、身にまとえるよう精進したいと思います。
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました