困難は財産について、私が最近思う事。

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

私がブログを開設してからちょうど1年の月日が経ちました。
思えば昨年のちょうど今頃ですね。

 

日記も続かない私が文章を書いて記録に残し、発表する。
なぜ、そうしたかったのか・・・?

 

それは簡単な理由です。
何かに挑戦したかったのです

 

しかも今まで一度もやったことがない事。
そしてPCに向かうという、私が最も不得意な事。

 

でも、曲りなりにも続けて来て良かったです。
今までは時々だったブログの投稿を、6月から毎日すると決めました。

 

何とか自分との約束は守れています。
これも、読んでくれる人がいたからだと思い、本当に感謝しています。

自分の直感を信じるには、謙虚さが必要

これは、私のブログを読んでくれた読者の方のコメントの引用です。
自分の直感が90%信じられたら、大抵のことはうまくいくのだそうです。

 

この方は元優秀なトップセールスマンだった方で、人生の中で本当に色々な体験をされていると聞きました。

 

やはり辛い経験や困難を知っている方の言葉は重みが違います。

謙虚さがあれば、いつも土壇場で救われるというような経験もされているから、大事な場面で自分の直感を信じることが出来るのでしょう。

 

困難や苦しみは「あなたの生き方や考え方が違っているよ」という、気づきがもらえる神様のプレゼントなのです。

 

万人幸福の栞の第2章にも「苦難は幸福の門」という言葉があります。
苦しいから、その苦しさから自由になりたいと希望が湧くのです。

 

なにも挑戦しない人には、神様からのお試しが来ます。
もしかしたらそれが、病気とか、貧困とか、苦労という形で来ることもあります。

高橋メアリージュンさんという女優さんがいます。
その方が「サワコの部屋」でこんなことを語っていました。

 

「涙の味がするご飯の味を知っているから、どんな難しい役もこなせる」と・・・。

 

彼女は幼い頃、父親が破産し、引っ越しを一家で繰り返し、どん底の貧乏を経験したそうです。

 

そして、中学生の時に、お父さんとお母さんを幸せにすると決めました。中学生で自分が働いて、一家を幸せにすると決意したのです。

 

チャンスを掴むオーディションも、滋賀から東京に向かう新幹線代がなかったため、レンタカーで東京に一家全員で向かったそうです。

 

そして、その話をオーディションの会場でして、審査員の目に留まったと言います。

 

その後は朝ドラの準主役に抜擢されたり、彼女を応援したいというチームが自然に出来て、今では国民的女優の一人となりました。

 

いかがでしょうか?
もし彼女に困難や辛い事がなかったら、彼女は女優にはなっていなかったのではないでしょうか?

 

彼女はどん底の貧乏を経験したから、豊かになりたいと本気で思えたし、あらゆることに挑戦し、運を掴んでいった素敵な人だと思います。

まとめ

高橋メアリージュンさんのように、苦難を糧に力強く生きる姿勢も大事ですが、自ら陰を起こす行動もこれからは大事だと思います。

 

なぜならこの世は陰と陽で出来ているからです。
狭き門よりは入れ」というマタイ伝の聖書の言葉があります。

 

「滅びに至る門は大きく、その路は広く、之より入るもの多し。
生命に至る門は狭く、その路は細く、之を見出すもの少なし」

 

・・・・このように書かれています。
人生を生き抜くその門は、狭くて、苦しく、痛いのです。

 

それがひどければひどいだけ、門の扉を強く押し開く。
するとその奥には、光明、歓喜の世界が待っていると書いてあります。

 

もし、自分の周りに何も困ったことがないのであれば、自分から陰を起こす必要があります。

 

そうでなければ、神様からのお試しが必ずどの人にも来ます。
皆さんは、神様の強制的なお試しを待ちますか?

 

神様は意地悪をしているのではなくて、人間に成長して欲しいし、色んな挑戦をして欲しいと思っているのです。

 

もし、何も困ったことがない平和な状況であれば、自分から陰を起こしてみるのも良いと思います。

 

私は、飽食を止めて、一日2食にすることや、
寒くてもトレーニングをしたり、散歩を心掛ける事で陰を起こします。

 

これからも色んな経験をしていきましょう。
すると幸福の門は必ず開かれると信じています。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. マタイ伝の言葉、懐かしいです。
    希望や幸福を得るには、狭き門から入って行かねばなりませんね!
    でも、それは苦しいことではありません。当たり前のことです。悩まずコツコツと続けていけば、必ず希望に到達します。
    石黒さんの毎日の行い、立派です。神様は、素直に毎日真面目にコツコツ実行する人を決して見捨てません。
    壁にぶつかった時、僕はいつも徳川家康の言葉を思い浮かべます。
    人生は重き荷を負うて長き道をゆくが如し。急ぐべからず。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、おはようございます。狭き門から入ることは苦しい事ではなく、悩まずコツコツ続けていたら、必ず希望に到達する!!
      徳川家康の言葉もとても心にしみます。今日は励ましの言葉を送って下さり、本当にありがとうございました。勇気が湧いてきます。

タイトルとURLをコピーしました