ゆーみんの「希望の扉」33 他者の為に最善を尽くす生き方を目指そう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は渡辺和子さんの著書の中にあった言葉をご紹介します。
ニューヨーク大学のリハビリテーション研究所の壁に、一人の患者の残した詩です。

 

「大きな事を成し遂げるために力を与えて欲しいと神に求めたのに、謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった。

より偉大な事が出来るように健康を求めたのに、より良きことが出来るようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして富を求めたのに、賢明であるようにと貧困を授かった。

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、あらゆることを喜べるようにと生命を授かった。

求めたものは1つとして与えられなかったが、願いは全て聞き届けられた。

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず、心の中で言い表せないものは、全て叶えられた。

私はあらゆる人の中で、最も豊かに祝福されたのだ」

 

1990年の夏に、渡辺先生はアメリカのセントルイスという街を訪ね、たまたまイエズス会の修道院に、この原文を見つけたのだそうです。

 

それは、J・ロジャー・ルーシーという神父が書いたものらしいです。
まさに老子のいう、「本質」をついている話だと思います。

 

老子は、「物を溜め込むな、全てを他人与えなさい」という事を仰っています。

 

他人に与えるとは、他者の為に自己の最善を尽くしきるということで、そういう徳のある人が、周囲から信頼され、親しまれ、結局は自分がますます豊かになっていくのです。

 

「本質」とは、まず努力して、自分の実力を上げること。
自分の魂を磨き、自分を高めることになります。

 

そして、一番重要なのは、自分の事ばかり考えるのではなく、人の喜ぶ事をする事です。

 

自分が出来ることで、人に与えることを考えてみませんか?
与える人には、魅力が備わります。

 

本質をしっかり見る人になりたいですね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 渡辺和子の素晴らしい言葉をご紹介して頂き、ありがとうございます!
    渡辺和子の言葉にはいつも共感させられますが、今日の謙虚な言葉にも本当に頭が下がりますね!
    物事の捉え方、考え方が本当に謙虚で真っ直ぐで、朝から心に響きました。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

  2. 渡辺和子の言葉は大好きです。波長が合うのでしょう。彼女の言葉には、本当に素直になります。
    素敵な投稿でした!ありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      こちらこそありがとうございます。同じ偉人の言葉でも、波長が合う言葉があると、勇気がもらえますね。今週も宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました