ゆーみんの『幸せの道標』62 諦めないで力を尽くすと道は開けるというお話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

2021年で没後30年を迎える書家、相田みつをさん。
その作品に触れ、今も多くの人が心を癒され、励まされていますね。

 

その相田みつおさんのご子息で、相田みつを美術館館長の相田一人さんは、「道」という作品を書いておられます。

 

「長い人生にはなぁ。
どんなに避けようとしても、どうしても通らねばならぬ
道というものがあるんだな。
そんな時はその道を、黙って歩くことだな。
愚痴や弱音を吐かないでな、黙って歩くんだよ。
ただ黙って、涙なんか見せちゃダメだぜ。
そしてなぁ。その時なんだよ。
人間としての命の根が深くなるのは」

 

そして、相田一人さんが今の社会情勢だからこそ伝えたい事は、父 相田みつをさんの作品の一つ「七転八倒」という言葉です。

 

🍀「つまずいたり ころんだりするほうが、自然なんだな。人間だもの」

 

七回転んで、八回倒れるというのは、転びっぱなし、倒れっぱなしなんですね。
つまり、人生はうまくいく事よりも、うまくいかないことの方が遥かに多い。

 

そこに、性根を据えるまでにずいぶん時間がかかったと思いますが、これが相田みつをさんの根底にあった考え方なんだそうです。

 

それは、人生うまくいかないことが多いからといって、諦めたり投げやりになったりしないという事です。

 

相田みつをさんは、「受け身」を学びなさいと言います。
人生に於いて、転んだり、負けたり恥をかいたり、そういうことを繰り返す事で、自然と受け身は体得できるといいます。

 

そうすれば何度でも立ち直ることが出来るのです。
若いうちは勝ち方を覚えるより、負ける方に焦点を合わせ、失敗を恐れない経験を積む方が結果的には良いのかもしれません。

 

辛い事があっても、諦めず、そこからいろんなことを学ぶ強さを持ち合わせていきたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「七転八倒」…なるほどです!
    昔、父に言い聞かせられた言葉を思い出します。
    「辛くてどうしようもない時は、これが当たり前なんだと思いなさい」…人生挫けず、強く生きてほしいという親心です。
    人生は「七転八倒」。でも挫けず頑張れば、いつかは立つ時が来るだろうと思って頑張ります!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      お父様は素晴らしい教訓を残されましたね。強く生きて欲しいという深い愛情ですね。人生頑張れば、きっと良い方向に行きますね。
      今日も前向きに頑張りましょう。コメントを今日もありがとうございました。

      • 七転八倒、まさに人生ですね。魂はあの世に戻るまで、そうやって修行して強くなっていくんでしょうね!
        どうしても必要なことであれば、前向きに試練に立ち向かいたいものですね!
        笑顔で頑張っていきたいと思います。
        今日も気付きのお話しをありがとうございます!

        • ゆーみん ゆーみん より:

          はい。七転八倒は、まさに人生そのものですね。でも諦めないで立ち向かう時に、奇跡が起こるように思います。
          前向きに試練に立ち向かっていきましょう。
          今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました