ゆーみんの「希望の扉」第一話  頼まれごとの先にある天命とは?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日から新しい題名になりました。
一日の始まりを元気に過ごしたいと思い、「希望の扉」と名付けました。

 

私は人生をよりよく楽しく生きる為に必要なものは、やはり「笑顔」だと思います。
笑顔があれば、希望が湧いてくるし、周りの人を楽しくさせることが出来ます。

 

哲学者の森信三氏は、「人はこの世に生まれ落ちた瞬間、全員が封書をもらって生まれてくる」と言っています。

 

その封書を開いたら、「あなたはこういう生き方をしなさい」と書いてある。
しかし、せっかくもらった封書を一回も開かないで死んでいく人も多いそうです。

 

天からの封書は、「使命」とか「天命」と言われるものだと言います。
なんの為に生まれてきたのかという根本的な問いかけなのです。

 

使命とは「使われる命」と書きます。
自分で使うのではなく、天によって使われるという事です。

 

それが、小林正観さんがいう「頼まれごとの人生」なのです。
人からの頼まれごとを誠実にこなしていくと、自分の方向性が何となくわかる瞬間がやってきます。

 

そして、天からの封書は、行動している人しか開くことが出来ないのだそうです。
つまり、あっちにぶつかり、つまづきながら動くことで、使命が見えてくるのです。

 

成功者と言われている人が、努力した先にたどり着いた先には、「楽観的」「感謝」「感動」「神への畏敬」という4つの境地があります。

 

天からの封書に気づけるように、この4つを意識しながら、「頼まれごとの人生」を共に楽しんでいきましょう。

 

あなたの幸せをいつも祈っています。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「希望の扉」第1回の投稿おめでとうございます!
    前回の「幸せの道標」に引き続き、また期待しています!
    是非頑張って下さい!

  2. 「希望の扉」第1話おめでとうございます!
    「幸せの道標」も素晴らしいお話しの数々、とても参考になりました。ありがとうございました。
    引き続き、期待していますので、これからも世のため人のために頑張って書いて下さい!

タイトルとURLをコピーしました