開運への導き㊶-「しなやかな心で今の時代を生きよう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は渋沢栄一のお話をしたいと思います。
NHKの大河ドラマに続き、2024年からは「一万円札の顔」として登場しますよね。

 

銀行の神様と言われ、私の義母も昔から好きだと言います。
では、なぜ今の時代にこれほどまでに渋沢栄一が注目されるのでしょうか?

時代の転換期を生き抜く力

実は渋沢栄一の人生は、現代を生きる私達と大きな二つの共通点を持っています。

 

今、世界が大きな転換期を迎えている事は、誰もが周知している通りですよね。

 

渋沢栄一が生まれたのは1840年。
この年にアヘン戦争が起こり、1853年にはペリーが来航し、日米修好通商条約が締結されたのです。

 

そして、彼が28歳の時(1868年)に、明治維新を迎えました。
このように、「大転換期」の真っただ中を彼は生き抜いたのです。

 

ふたつ目の共通点は、「人生100年時代」です。
渋沢栄一も91歳の大往生でした。

キャリアチェンジの時代

そして、渋沢栄一のすごさは、キャリアを次々と変えていったことにあります。

 

今の言葉で言うと「キャリアチェンジ」です。
農家の家に生まれた渋沢は、24歳の時に一橋慶喜に仕えます。

 

即ち農民から武士になったのです。
江戸時代は武士ですが、明治になるとそのまま役人として、政治や行政の世界で生きていけます。

 

しかし、役人として一生を送るのかと思ったら、33歳の時、当時勤めていた大蔵省をあっさり辞めて、第一国立銀行(現みずほ銀行)を設立しました。

 

役人を辞めて、今度は商人として生きる事を決めたのです。
そして、皆さまもご存じの通り、日本の経済の礎を築いていきます。

 

そして、その後は(60歳を過ぎたあたりから)民間外交に自らの力を注ぐ生き方を選んだのです。

 

彼は、リーダーたちの発言や振る舞いは、一気に世界中に注目される事を知り、企業の在り方や精神や心配りなどが、最も大事だと言っています。

 

つまり人として、企業としての「徳」がなければ、瞬く間にバッシングされ、炎上し、不買運動が広がり、経営自体に大きなダメージを与える事を知っているのです。

 

いつの時代にあっても「」を高める努力をし、時代の変化に対応できる「感謝」「思いやりの心」を大事にすることを教えてくれます。

 

キャリアに固執しない、時代の変化に合わせた渋沢栄一の生き方に、私たちは大きな関心を寄せるべきだと思います。

 

そこに時代を生き抜く、大きなヒントや知恵が隠されています。
民間の声に耳を傾ける姿勢は、いつの時代でも必要ですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. キャリアの進化は偉人達の特徴です。
    身近な人で言えば、ビートたけしですね。お笑いから始まり、その才能を活かし映画監督に。今では「世界のキタノ」として、世界中から絶賛される存在になりました。
    また、又吉直樹も素晴らしいですね。お笑いタレントから今では堂々の芥川賞作家になっています!
    人はその才能を活かす道を常に模索する必要がありますね!
    特にそれが、人のためになることなら、夢を現実化させる価値があると思います!
    お互いに、もっと高みを目指して精進していきましょう!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。確かにキャリアチェンジの良い例として、北野武さん、又吉直樹さんが思い浮かびますね。
      彼らの才能もすごいですが、色んなことに挑戦しようとした「行動力」が素晴らしいと思ます。
      人の為になる活動を摸索出来たら、とても幸せですね。今日もコメントをありがとうございます。

  2. いつの時代も、志の根本には徳が必要であり、感謝や思いやりの心のない志は意味がない!そう思います!
    私利私欲の志は、志の皮を被った、ただの自分勝手でしかありません。
    渋沢栄一はあの大混乱の時代に、国の発展、国民の生活向上のために自分の能力を振り絞った志士であったと思います!
    私達も私利私欲から離れて、どれだけ利他のために感謝や思いやりの気持ちを持てるかが問われていると思います!
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。私も私利私欲から出た志は、良くないと思っています。
      それが渋沢栄一のように、国の発展や国民の生活向上のために成したものであるのか、
      どのようなもので宣言するかで、志の価値が変わってくるように思います。
      私利私欲から離れて、利他の精神を持つ事が今後問われてきますね。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました