ゆーみんの『幸せの道標』77 今という時を楽しんでいこう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

兼好法師の『徒然草』の中に、「今を楽しめ」という言葉があります。
そして、NHKの「先人たちの底力 知恵泉」という番組で、このテーマを扱っていて、とても気になる言葉が出てきました。

 

今を楽しむことについて、ゲスト同士で語り合っていたのですが、女性のコメンテーターがこんな風に仰いました。

 

『最近は目標を持たないという事を意識しています』と・・。
これはちょっと面白いなと思いました。

 

前向きに高い目標を掲げて努力する事はとても素晴らしい事ですよね。
でも、あまりそれに拘り過ぎてもいけないという事かな?と思いました。

 

なぜなら、その方曰く、目標を持ちすぎると、常に『減点法』になってしまうからのようです。

 

今を楽しめず、貴重な時間を、『これは目標にとって有益な時間』とし、『これは目標にとって関係ないから無駄な時間』と無意識のうちに識別してしまうからです。

 

あまり目標に拘り過ぎると、今という時間が楽しめなくなります。
減点法ではなく、今ある時間は全て未来にとって大事な時間であると思い、楽しむ心の余裕が必要なのではないでしょうか?

 

お皿洗いも、自然をボーと眺めて休む時間も全てが神様から与えられた大事な時間。
これは自分にとって必要ないと思って、減点法で物事を捉えるのではなく、楽しむことで、生きる意味を見出していくのも一つの方法のような気がします。

 

吉田兼好の『徒然草』も、詳しくは良く分かりませんが、一貫した筋はなく、連歌的ともいうべき配列がなされ、作者の見聞談、感想、実用知識が盛り込まれているそうです。

 

時代は変わっても、今目の前の事に集中し、何事も楽しむ気持ちで取り組んでいきたいですね。

 

無駄な経験はなく、どんな事も人生には必要な課題であると私は思います。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 小笠原 正典 より:

    人生に無駄な時間はありませんね。寝ている時間も大切な時間。今を大切に生きるって、とても重要なことだと思います!
    女性アナウンサーの言葉は面白いですね。男性と女性の違いがよくわかります。女性は基本的に真面目なのです。真面目さゆえに目標に押し潰されるのです。男性は逆に怠けがちです。しっかりした目標を持たないと、逆に怠惰に流されてしまうのです。男性にニートが多いのもこういう理由があります。
    男女の違いが面白いなと思いました。
    今日も大切なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      男女の考え方の違いがあるのですね。女性は真面目さゆえに、目標に押しつぶされ、男性は怠惰なため、逆に目標を持たないと流されてしまう。
      やはり、どんな時もバランスが大切なのかなと思いました。今日も、興味深いコメントを有難うございます。
      大変勉強になりました。

  2. 女性アナウンサーの話は、興味深かったですね。
    男性の場合は、どんどんせっついていかないと、逃げの気持ちが勝ってしまいます!
    右脳、左脳の問題もあるのでしょうか。
    とても面白かったです!
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。確かにそうかもしれませんね。女性はそうやって自分を守りながら、命を守り継いでいく、そんな使命を、どこかで感じているのかもしれませんね。今日も勉強になりました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました