ゆーみんの「希望の扉」48 日常の中に楽しみを見つけていこう

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

「失敗できないコメディアンは成功できない」
コメディアンは民主的に、自分の判断より観客の反応の方を信じている。

 

作家エリック・バーガーの言葉です。
やりたいことが見つからないと言っても、先生は教えてはくれません。

 

おじけづかないで、どんどん新しい事を試してみることです。
自分で試して体験してみないと、それが自分に合っているかどうかも分からないのです。

 

問題なのは、「やりたいことが見つからない」と言って何も動かないことです。
最初から、自分の「やりたい事」や「天職」に、一発でぶち当たる人は、世の中にそうはいないのです。

 

「目の前に来た仕事」「紹介されたり、ご縁のあった仕事」「人から頼まれた仕事」に文句を言わずに、ニコニコしながらやっていくと良いのです。

 

すると、そのうちに何か新しい道が見つかります。
動いていれば、自分が思ってもみないようなところに行けるのです。

 

そして、どんな仕事でも、その中に楽しみや面白みを見つけることです。
世の中には100%楽しくて、面白い仕事なんてないのが普通だからです。

 

仕事は、辛い事や、厳しい事、嫌な事があって、ほんのちょっぴり楽しい事があるからやっていけるのだと思う。

 

それは人生でも、全く同じことだと言えるでしょう。
良い事も悪い事があるのが人生です。

 

だからこそ、そんな人生に対し、どう楽しんでいくかが重要なのです。
とにかく前に進み、行動する事が大事ですね。

 

出来るだけ、新しい事にどんどんチャレンジしてみましょう。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 楽しいことだけ考えるなら、それはボランティアであって仕事とは言えませんね。仕事は対価を得るという点で、辛くて当たり前なものです。
    仕事を楽しくするのではなく、辛いことを楽しく乗り越えることが仕事なのだと思います。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました