志を持つと、全てが上手く回りだすというお話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日は朝活で、「やる」と「やらねばならぬ」では、どちらがエネルギーが強いか?と問われました。

 

私は、最初「やる」と自分で決意した方がエネルギーが強いと勘違いしていました。

 

でも、実際は「やらねばならぬ」の方が断然強いようです。
その理由を次にお知らせします。

人間の悩みは3つある

人はだいたい次の3つについて悩みを持つ事が多いです。
それは、「健康」と「お金」と「人間関係」です。

 

このすべてが揃う人って、世の中には少ないような気がします。
では、この中でどれが上手く行ったら幸せになれると思いますか?

 

賛否両論あると思いますが、私は基本は「健康」でいる事だと思います。
健康がしっかりしていたら、他のすべての悩みはほとんど解決します。

 

この世の中で大事なのは、毎日を明るく過ごす事。
そして家族が仲良く、健康でいられることが一番の宝物なのです。

 

いくら仕事で成功し、お金を沢山得たとしても、人間関係や健康が上手くいかなかったら、幸せを感じにくくなってしまう事でしょう。

 

でも、心や体が健康であれば、良好な人間関係を築くことが出来るし、本業だって必ずうまくいくようになるのです。

 

そして一番良いのは、運が良くなることを人に教えたり、それによって誰かを幸せにすると、確実に運の良い人になれます。

 

だから、「やる」というだけではなくて、「やらねばならぬ」というマインドに移行することが大事なのです。

吉田松陰が言った「狂え」の意味

私は、このブログを書きながら反省したことが1つあります。
それは、私のマインドの甘さでした。

 

私は毎日のように「日本や世界の肉体的、精神的、経済的再生をする」という志を宣言しています。

 

でも、本当に「やらねばならぬ」という思いに突き動かされていたでしょうか・・・?

 

答えは分かっています。
それは「NO」

 

私は逃げ道を探し、どこかで冷めていたように思います。
「やらねばならぬ」には明らかな理由があるけど、「やる」には理由がないのです。

 

「やらねばならぬ」は、今世で達成できなくてもその目標に向かって突き進む、明らかな情熱とゆるぎない決意があります。

 

万人幸福の栞 第2章にも、「運命は自ら招き、境遇は自ら作る」という教えがあります。

 

つまり、良い運命も、悪いと思われる運命も、全ては自分で招き、境遇は自分で作っているのです。

 

誰のせいでもなく、この世は全て一切の責任は我にありです。
誰かのせいにしても、運を開く事は出来ません。

 

あらゆる時をとらえて、目的を持ち、終始一貫やり抜く人しか、道は開けないのです。

 

そして行動し続けないと人生は変わらない。
しかも、やるべき行動の理由がとても大事なのです。

 

何に命を懸けて行動していくのか、日本を変えていくために行動した、坂本龍馬のような情熱を思い出す時が来ています。

 

今はコロナで皆が苦しい思いをしているけど、そこから学ぶべきものが沢山ある時代です。

 

「狂え」とは、一つの事に対して、没頭せよ。
それに向かって、一心不乱に行動しなさいという意味だと思います。

まとめ

では、何故一心不乱に行動すると良いのか・・・?
なぜ、一つの目標に向かって限界に挑むことが必要なのでしょうか?

 

開示悟入」という境地にたどり着けるから・・・と教えて頂きました。
では、開示悟入ってどういう事なのでしょう。

 

ここでいう開示悟入は「神も仏いる」という経験をする事なのです。
そして、それを体感すると、悟りを得るような境地にたどり着くのです。

 

皆さんは人の為になるような大きな志を持っていますか。
私はまだそんな境地にはなっていないと自覚しています。

 

だからこそ、一切の責任は我にありと考え、自分は生かされていると自覚しながら、もっと感謝の心で過ごす事が必要だと感じます。

 

是非一緒に、今年中に来年の目標を考えていきましょう。

 

 

健康や鑑定に興味のある方はご覧ください。
質問もお受けしています。

開運鑑定・ダイエットトレーニング希望者募集
開運セラピストゆーみんが、算命学と誕生数秘学を使って運が良くなる鑑定をしています。もう一つダイエット事業として、1ヵ月で効果の出るファスティングとマインドフルネスを組み合わせたダイエットトレーニングの講座を開講します。考え方や生き方を、幸せの方向にシフトしていける夢のトレーニング。心と体を調整し、豊かな人生を歩みたい人...

 

 

 

コメント

  1. 神も仏もいる。
    その境地に入ると、確かにすべてが見えてきます!
    赤ちゃんは一人では生きていけません。どんなに先祖に守られ、生命力があっても、せいぜい2,3日しか命は保たないでしょう。
    いかに、悟りを拓くような立派な道徳者、聖職者であろうとも神仏の前では赤子と同じです。常に謙虚に、成功しても、それは周囲のお陰と思い、神仏に感謝する姿勢を持ちたいものです。
    大きなことはしなくても、社会のために無報酬で公園の落ち葉掃きをする石黒さんのお母様のように、常に利他の精神で良いことを実行したいものです。
    神様が一番喜ぶことです!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、赤ちゃんのお話を例えにして下さり、ありがとうございます。
      確かにどんな立派な道徳者、聖職者でも神仏の前では赤子と一緒ですね。
      常に謙虚に、素直な姿勢を示す事が大事ですね。
      利他の精神は大事です。母の活動は神様の喜ぶ事なのですね。それを今日は伝えに行こうと思います。
      新たな気づきに感謝します。

タイトルとURLをコピーしました