開運の導き㉔-「苦難こそが人生の肥やし」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは、もし今目が突然見えなくなったら?
突然耳が聞こえなくなったら・・?

 

一体どんな風に思いますか?
人生には必ず思いがけない事が起こります。

 

全盲ろうにして、世界初の大学教授になった福島智さんという方がいます。

 

三歳で右目を、9歳で左目を失明。
14歳で右耳を、18歳で左耳の聴力まで失う。

 

光と音を喪失した世界の中で、福島智氏は何を感じ、
何を見出したのでしょうか?

体験して初めて分かること

福島氏は、両目が見えない、両耳が聞こえないという障がいを持ったことで、障がい者の事を少しは考えるようになったと仰っています。

 

福島氏にとっての苦悩は、他者とのコミュニケーションを断絶される事でしたが、これも実際に体験してみて分かった事だそうです。

 

苦悩を体験する事のすごさは、苦悩の一つのパターンが理屈抜きに分かることだと言います。

 

そしてもう一つは、苦悩する人たちが抱えているものを、
想像しやすくなるという事です。

 

障がいを通して、他者への思いやりや優しさを持てるという一つの事例ではないでしょうか。

これはこれで肥やしという考え方

挫折や失敗をすることはしんどいし、出来るだけ避けたいって誰しも思います。

 

でも、恐らくほとんどの人が、人生の中で挫折や苦労を経験する事になります。

 

だから、それが来た時に、「これはこれで肥やしになる」
と思えば良いって福島氏は言います。

 

昔、日本にも肥溜めが沢山ありました。
臭いし、皆が避けて通りたいって思うけど、それが肥やしとなって立派な作物を育てたのです。

 

だから一見無駄に見えるものや、嫌われているものが、
実はすごく大切な物に繋がっていくのです。

 

これは自然界の一つの法則です。
苦悩をどう受け止めるかによって、人の真価が試されていくような気がします。

 

苦悩というフィルターをかける事で、その人の本質が磨かれ、真価が問われていく・・。

 

したがって、障がいを持ったことや病気をしたこと自体に意味があるのではなく、それをどう捉えるかという事が大事。

 

それを通して、その人が自分自身や他者、
或いは生きるという事の意味が見いだせるような気がします。

 

今日も応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 人生は苦しいこと、悲しいことがたくさん訪れますが、いつも笑顔でいる人と、悲痛で悲しい顔をした人に別れます。
    笑顔でいる人は、苦労に感謝し、前向きに受け止めている人ですね!
    僕の亡き父は、僕が社会に出る時、「苦しくて仕方のない時は、これが当たり前なんだと思いなさい。」と言って送り出してくれました。苦労を当たり前と捉え、人生の肥やしとして前向きに消化できれば、人生はまた一つステップアップできますね!
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      「苦労を当たり前と思え」と思ったお父様の言葉はとても素晴らしいですね。
      私もその言葉を教訓にさせて頂きます。いつもありがとうございます。

  2. おはようございます。
    勉強不足ですみません。福島智さんという方を初めて知りました。まさにヘレン・ケラーと同じ境遇だったのですね。
    尋常ではない苦労の中で、前向きに物事を捉えて次のステップに力強く進む姿に敬意と尊敬を感じます!
    苦労、苦難を人生の肥やしとして立ち上がる力強さは人間の手本そのものですね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございました!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      私も人から教えて頂きました。日本にもヘレンケラーと同じような境遇の方がいらっしゃったのですね。
      そしてその生き方は、本当に多くの人に勇気を与え、前向きに生きる人生の手本として、立派な功績を残されています。
      深い敬意を表したいですね。

タイトルとURLをコピーしました