開運への導き⑪ー些細な振る舞いがあなたの印象を決めるー

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんはどんな時に、どういう人に好感を持つでしょうか?
実はある二つの事で、印象が90%決まってしまいます。

 

良い印象を持たれるか、悪い印象を持たれるかで、
人生が随分変わってしまうのです。

 

では、次にその二つの事をお伝えします。

スーパースターが示したある行動とは?

その二つの事とは、「温かさ」と「有能さ」です。
この二つが、他人に与える印象を大きく左右してます。

 

これは世界中の研究者が、人々の行動を調査をして分かった事です。
これは実に面白い報告です。

 

裏を返せばあなたが誰かに、「温かさ」と「有能」という
印象を与えれば、その人はあなたを信頼する可能性が高いのです。

 

皆さんは、マイケルジョーダンというバスケットの
スーパースターをご存じでしょうか?

 

当時のコーチ、シャシェフスキーは、
ジョーダンに対しこんなことを言っています。

 

スーパースターであるジョーダンが、かつてのコーチに
示したのは「お願いします」と「ありがとう」の言葉だったと・・・。

 

ジョーダンは、自分がスーパースターでも、
特別扱いが許されるとは感じていなかったのです。

 

そのチームでは、誰一人特別でいるべきではない、
全員が重要なのだという事を、彼は良く分かっていたと言います。

 

ジョーダンはスーパースターなのだから、
特別扱いされても誰も文句は言えなかったでしょう。

 

でも、ジョーダンはシャシェフスキーを「コーチ」と呼び、
命令口調ではなく、何かを「お願いする」という丁寧な話し方をしたのです。

 

そして、コーチが彼の頼みに応えたらきちんとお礼を言ったといいます。

まとめ

皆さんはこんな人がそばにいたら、どう思いますか?
マイケルジョーダンの例を見ても、偉大な人は「謙虚」なのです。

 

ほんの些細な振る舞いがとても大事なのです。
そうする事であなたの印象が上がり、増々信頼度が増していく事でしょう。

 

この人は有能な上に温かい…誰でもそう思ってもらえたら、
運が絶対に良くなりますよね。

 

その為には、誰に対しても、
「礼儀正しく振舞う事」を意識していきましょう。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 謙虚さは、人間性そのものです。
    東日本大震災の時、背負われて助けられたおばあさんが、申し訳ないと頭を下げている姿を、アメリカのテレビが驚きをもって報道していました。自分が大変な時でも他人に対する「謙虚さ」を忘れない日本人として。
    謙虚こそ、神様の喜ぶ姿勢だと思います。
    今日もとても素晴らしい投稿をありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。謙虚な姿勢が、日本人の特性でもあり、神様が最も喜ぶ姿なのだと私も思います。
      今日も笑顔で、謙虚な姿勢を追及していきたいですね。

  2. 僕も過去に1000人を超える人の面接を担当した経験がありますが、履歴書はほとんど見ません。履歴書で見るのは、字を丁寧に書いているかだけ。ほのんどは、その方との会話が主です。まず、第一印象で大体の人柄がわかります。良い波長を持っているかはすぐわかります。そして笑顔が大切ですね。笑顔は人を幸せにします。そして、その笑顔の根本は謙虚さです。
    謙虚な人は笑顔を絶やしません。そしてそれが、良い波長へと繋がります。
    良い波長が出せるよう、いつも謙虚でいたいものですね!

タイトルとURLをコピーしました