ゆーみんの『幸せの道標』㊵柔軟心を持って生きてみませんか?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は「流れ」に任せる…というお話です。
「孤独」はいいけど、「孤立」はダメです。

 

「男は一歩外に出ると、7人の敵がいる」という言葉がありますね。
きっと一度は聞いたことがあると思います。

 

仕事を強引に進めるのがそのタイプの特徴と言っていいでしょう。
組織で動く場合、チームとしての形は一応整うかもしれませんが、足元は敵だらけ。

 

身内からも、「自分の思い通りにならないと気に入らないなら、一人で勝手にやったら?」といった声なき声が聞こえてきそうです。

 

人の上に立つ人は本来「孤独」なものだと言われますが、「孤立」してしまってはいけないのです。

 

孤立してしまっては、その本来の役割は果たせず、焦りやイライラが募ってくる結果となります。

 

物事にはすべて、力づくではどうにもならない「流れ」というものがあります。
流れに身を任せるのが良いのです。

 

でも、流れに身を任せるとは、ただ流されるままになる事とは違います。
流れの方向を見定め、速さも読み切って、その上でむやみに流れに逆らわないことです。

 

「柔軟心」という禅語があります。
柔らかい心、しなやかな心で生きなさいと教えてくれます。

 

自分を断固貫くという生き方は、勇ましくて、カッコよく映るかもしれませんが、心の不安定化・硬直化につながっていくように思います。

 

自分が、自分が・・という生き方は、視野を狭め、周りとの軋轢を生みます。
柔軟心を持って、水のごとく流れに沿って、周りの人たちと協調していきたいですね。

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 柔軟な姿勢って、とても大切ですね!
    人の話をよく聞き、良いものは素直に取り入れ、柔軟な気持ちで周囲と調和を図る…人間関係の基本ですね。
    ただ流されやすい人もいるので、芯だけはしっかり持っておく強さも必要だと思います。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      柔軟な姿勢の中にも、しっかりした芯は持っていたいですね。
      我儘にならないよう、バランスをとることが大事だと思います。
      今日もコメントを有難うございました。

  2. 時の流れに身をまかせ…という歌がありますが、時には心配や不安を払拭して、天に身を任せることも大切ですね!あれこれ悩むより、はるかに素晴らしい結果をもたらすものです。
    ただ楽に慣れてしまうと、惰性に流されやすいので、そこは注意ですね。
    謙虚に人の意見に耳を傾け、周囲と調和を図っていきたいと思います。
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました