ゆーみんの『幸せの道標』72 ゆらぎが人生の中で必要だという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は宇宙の摂理について、面白い記事がありましたので紹介させてくださいね。
皆さまは、『平家物語』をご存じでしょうか?

 

平家物語は、有名な次の一説から始まります。

祇園精舎の鐘の声。
諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色。
盛者必衰の理をあらわす。
奢れるものも久しからず。
ただ春の夜の夢のごとし。
猛き者も遂には滅びぬ。
偏に風の前の塵におなじ。

ここには人生の虚しさ、儚さが綴られていると言われていますが、見方を変えると、実は宇宙の摂理が見えているのです。

 

なぜなら、もしも物事が移ろわなければ、子供の成長や、病気や怪我の治癒も叶わないのです。

 

世の中は、諸行無常だからこそ、意味があると言えるのです。
そして、万物の存在は、常に揺れ動いている事によって保障されています。

 

これは、ドイツの理論物理学者のヴェルナー・ハイゼンベルクが提唱している、量子力学の基本原理『不確定原理』なんだそうです。

 

絶対静止の状態では、宇宙は存在出来ないのです。
そして、宇宙が存在する為には『ゆらぎ』が必要だと言います。

 

宇宙に存在するものは原子や分子で構成されていますが、これらには意思がないために常にランダムに動こうとします。

 

しかし周囲には同じような原子や分子が沢山あるために、お互いに干渉しあって、自由自在に動ける訳ではありません。

 

ランダムに動きたいのに、動けないというこの相反する傾向がもたらすものが、独特の変動ともいうべき『ゆらぎ』なのです。

 

移り変わりゆく時代だからこそ、この『ゆらぎ』が発生する。
宇宙の摂理と、平家物語が意味するものは本当に共通しています。

 

ゆらぎが発生するからこそ、常に物事は揺れ動き、常に進化の方向に向かい保障されています。

 

平家物語の中に、宇宙の摂理があるとすれば、不確定なものにこそ大事な要素があるように思います。

 

今日も最後お読み下さり、ありがとうございました。

コメント

  1. 「盛者必衰の理をあらわす。
    奢れるものも久しからず。
    ただ春の夜の夢のごとし」
    自然の摂理ですね!
    平家もそうですし、300年続いた徳川幕府も、海外ではローマ帝国も元も、どんなに強力な帝国を築こうが、時とともに衰退し、結局滅亡します。
    どんなに勝とうが成功しようが、傲慢にならず謙虚な姿勢を持ち続けないといけませんね!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      平家物語は、宇宙の摂理を私たちに教えてくれている世に思います。どんな時も感謝の気持ちを持ち、『利他の精神』で過ごす事が何より大事ですね。
      私も常に謙虚な気持ちを持ち続けたいと思います。コメントありがとうございました。

  2. この世に確実という現象は存在しませんね。
    どんなに確実に見えても、想定外の変化が起こるものです。
    人は長い長い経験の中でそれを実感し、自然を畏怖し、神仏に祈ってきたのだと思います。
    隆盛の時代はそう長続きはしませんね。ですから、良いときも悪いときも一つ一つのことに感謝し謙虚な姿勢を維持することが、とても大切なことだと思います!
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。仰る通り、隆盛の時代は長くは続きません。この世は諸行無常・・・変わる事で進歩していきます。
      良い時も悪い時も常に感謝の心で、謙虚に過ごす事が何よりも大事ですね。
      今日も素晴らしいコメントを有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました