許すと、自分も許されるという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストゆーみんです。

 

今日は恵みの雨の一日。
毎日お天気が変わって面白いです。

 

三寒四温という言葉通り、毎日お天気はコロコロ変わります。
私達の機嫌もそうですよね。

 

でも、どんな天気であっても喜ぶ。
そして、自分の機嫌は自分で取る。

 

これを意識していくと、毎日の過ごし方が変わってくるのでは・・?
私はそう思います。

 

私達は、誰かの言葉や誰かの態度で左右されてしまいがちだけど、
きっと自分軸を持っていれば、毎日が変化すると思います。

アマゾンの創業者の言葉

今日は、朝活で、米アマゾン・コムの創業者でCEOのジェフ・べゾフさんの言葉を紹介します。

 

他人を犠牲にしてまで賢い人であろうとしますか?
それとも、優しい人であろうとしますか?

 

ジェフ・べゾフさんさんは誰もが知るお金持ちで賢い人です。
そして、小さい頃から勉強も出来たのだと思います。

 

べゾフさんは、小学生の頃祖父母と旅行に出る機会がありました。
その時、祖母はいつもたばこを吸っていました。

 

たばこを吸っている祖母の姿を見ながら、たばこを1本吸うと、
寿命が何年縮まるか科学的なデータを基に計算したと言います。

 

そして、その計算データを基に、たばこの害を伝えた所、
祖母はとても悲しそうな顔をしたといいます。

 

そして、祖父から次のような事を言われました。
「世の中には賢い人間と優しい人間がいるんだよ」と・・。

 

確かにたばこは良くないし、健康を考えたら吸わない方が良いのです。
べゾフ少年が祖母に伝えたのは、正しい事なのです。

 

でも、それを聞いて祖母は少し泣いていた・・・。
つまり、世の中には悪いと思っていても、止めれない人もいるのです。

 

祖父はそれを理解したうえで、言わないのも優しさなんだよって、
きっと孫に伝えたかったのでしょう。

 

私はその話を聞いて、正しい事を言う時は少し控えめに言った方がいいなと思いました。

 

正しいとか、正しくないとか、正論を言う時は、
きっと相手を傷つけている時だと気づいた方がいいのです。

 

優しい人間になることが、人間関係を円滑にするうえで、
とても大切な要素なんだと改めて思いました。

発明家になりたければ失敗を恐れるな

他にも、素晴らしい言葉を私たちに送ってくれています。

 

べゾフさんは、広告に使うお金があれば、顧客満足度を高める工夫に投資すべきだと考えておられます。

 

価格やサービスに感動した顧客は、必ず誰かにそれを伝える。
口コミこそが、今のAmazonを強くしている理由なのです。

 

「選択肢はより多く」「価格はより安く」「配達はより迅速で確実に」、
常に顧客満足度を重視しているからこそ、今のAmazonの成長があります。

 

そこには、常に失敗を恐れないべゾフさんの姿勢がありますが、
賢い人よりも、優しい人であろうとする人柄が表れているように思います。

 

そして、楽しく仕事をするとは、
真剣でないと楽しくできないのです。

 

世の中の成功者は、常に楽しく仕事をすることで、
行動を続けていますね。

 

でも、行動する時に、正論を振りかざして自分の立場を主張すると、
必ず誰かと軋轢を生みます。

 

ある程度の地位に上り詰めると、自分の経験や成功を盾に、
自分の事を正しいと思ってしまいがちですが、それをあえて戒める。

 

そんな謙虚な姿勢がとても大事だと思います。

まとめ

さて、今日の言葉から皆さんはどのように感じられましたか?
人間関係を円滑にするには、思いやりの心ですね。

賢くなればなるほど、自分は正論を振りかざしていないか、
チェックする事が必要だと思います。

 

勿論、ダメな時はダメだとちゃんと伝える勇気も必要です。
良くない事を見て見ぬふりするのは、愛がないですね。

 

でも、人を「許す」気持ちってとても大事です。
なぜ、この人はこのような行動を取ってしまうのか?

 

なぜ、この人はこのように考えているのだろう?
その人の立場に立って、第三者的に見てみる事も必要です。

 

自分は本当に人に提言できるほど、立派な人なのか?
一度立ち止まって考える事が必要だと思います。

 

伝え方の工夫も必要です。
コールセンターなどで研修を受けるのも良いかもしれませんね。(笑)

 

きっと、相手を否定しない習慣が身につくかもしれません。
今日も、最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

コメント

  1. 優しさがすべての基本ですね!
    正論はあくまでも自己満足の世界です。何十年も神学を学んだ聖職者でも真理の僅かしか悟れないと言われます。それほど正論に辿り着く道は難解なのでしょう。
    それに比べ、優しさは一瞬で人を和ませる魔法を持っています!じっと聞き入る優しさ、笑顔で包み込む優しさ、無言の優しさ、責めない優しさ、許す優しさ…たくさんの優しさがありますが、人が心穏やかに人間らしく過ごせる時は、必ず誰かの優しさの中にいる時です。
    純粋な優しさを持っているのか、忘れて放漫になっていないか、常に反省することが大切ですね。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。優しさが基本・・・本当にその通りだと思います。
      正しいか、正しくないかより、その人の事を思う優しさが人を救います。
      責めない事、許す事・・分かっていても実際には出来ない事も多いですね。
      だからこそ、挑戦する価値があります。神様がそれを望んでおられるからです。
      出来る事から、一緒に前を向いてやっていきましょう。
      いつもありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました