許すと許される宇宙の法則

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日も朝のルーティン終了。
とても爽快です!!(朝散歩、自主トレーニング、朝活3本立て)

 

さて、今日は皆さんに大事な報告があります。
私、あることを決めました。

 

今日は思い切ってこの場で宣言します。
興味のある人はこのままお付き合いください。

 

運が良くなるヒントも沢山ありますので、ご縁のある人は宜しくお願いします。

私の宣言!!

今日はSNSで初めて自分の宣言をします。(少々ドキドキ)

私はこれから「ダイエットトレーナー」として、新たな一歩を踏み出します!!

 

健康的に痩せ、心もカラダも前向きになれる世界一のダイエットマインドフルネス(瞑想)と、ファスティングの素晴らしさを伝える人になります。

 

でも、開運に必要な算命学誕生数秘学の鑑定は、必要な人に引き続き提供していきますので、宜しくお願いします。

 

鑑定士を途中で辞める訳ではないのです。(笑)
誰かの相談に乗るには、幅広いスキルが必要ですから。

 

私はある尊敬する師匠の元で、算命学を10年以上勉強させてもらい、今も年に数回お会いします。

 

算命学は世の中に絶対必要なものだと確信しているし、誕生数秘学の先生にも随分お世話になり、今後必要な個人コンサルもしていただきました。

 

全てが今に繋がっているし、学んできた師匠には一生恩返しをしていかなきゃいけないと思っています。

 

それには自分に自信をつけ、運命の扉を開くべき行動しかありません。
アウトプットして、言葉の力で自分を信じるしかないのです。

 

笑われたり、馬鹿にされるかもしれないけど・・とにかくチャレンジあるのみです。

 

「諦めない心」・・・これは、かつてサチンチョードリーさんに教えてもらった言葉です。(注 ジュガールを教えてくれたインド人の先生)

 

諦めなければ、必ず奇跡は起こる・・・。
私はその瞬間が見てみたいです。

 

人脈もない、マーケティングや営業経験もない素人の私です。
でも、健康に関する事は、昔から人一倍興味があった事を思い出しました。

 

健康で悩んでいる人、年齢を重ね、ダイエットがうまくいかない人、とにかく前向きになりたい人・・・そんな人の救世主になりたいです。

 

まず、一人から始めます。
私が真剣に取り組むことで、もし、話を聞いてみたいとか一緒にやりたい人がいたら最高ですね。

 

勿論断られても気にしません。

少しでも良いやり方が伝わったら、その人なりの方法でダイエットしてもらったらいいのですから。

 

きっと世の中に自分を変えたいと思っている人は、沢山いると思います。

マインドフルネスや、ファスティングの素晴らしさ、正しい健康の知識が伝えられたら嬉しいし、この2つはこれからの日本に絶対必要だと思っています。

正義中毒

さて、今日は冒頭から私の宣言をお聞きいただき有難うございます(^^♪
こうして文章にして宣言すると、心の整理がつくので本当に不思議ですね。

 

思えばコロナが蔓延してから、私の生活はガラッと一変してしまいました。
土曜、日曜日はダラダラと遅くまで寝ていたのに、今ではすっかり早起きです。

 

ZOOMという便利なものが登場してから、私は飛行機や新幹線を使うことなく、自宅で毎日勉強することが出来るようになりました。

 

ダラダラとテレビを見ることもなくなりました。
本当に、人間らしい生活に近づいてきていると感じています。

 

でも、色んな方の情報は出来るだけ見るようにしていますよ。
そして、昨日も「正義中毒」という言葉に目が留まりました。

 

例えば・・・

私の実家は鳥取県という田舎なのですが、県外ナンバーの車(特に大阪ナンバー)を見ると、嫌な顔をされます。

 

県外の人は来てほしくないという心理が働くのでしょうか?
実際、姫路ナンバーの車の車が嫌がらせされたという実例があります。

 

高齢者が多いので仕方ない事かもしれません。
他県でも、東京から帰省した人の家の玄関に、嫌がらせの張り紙をするなんて事もあったようです。

 

ほんの一例ですが「正義中毒」ですよね。
他にも芸能人が不倫したとか、犯罪を犯した…みたいなことがあると一斉に非難のターゲットにしたりします。

 

しかし、自分や自分の身近な人が直接不利益を受けたわけではなく、知りもしない相手に、攻撃的な言葉を浴びせ、叩きのめさずにはいられない心理ってどうなのでしょうか?

 

「許せない」って気持ちだけで、暴走しているような気がします。
なんで自分は名前もも名乗らず、誹謗中傷を投げかけ攻撃するのでしょうか?

 

これには理由があるそうです。

 

人の脳は、裏切り者や、社会のルールから外れた人といった、分かりやすい攻撃対象を見つけ、罰することに快感を覚えるように出来ているのだと言います。

 

他人に「正義の制裁」を加えると、脳の快楽中枢が刺激され、快楽物質であるドーパミンが放出されます。

 

この快楽にはまってしまうと、簡単には抜け出せなくなり、罰する対象を常に探し求め、人を許せなくなってしまうのです。

 

こうした状態を、いわば「正義中毒」と呼ぶそうです。
この認知行動は、依存症とほとんど同じです。

 

「間違った事が許せない」

「間違っている人を、徹底的に罰しなければいけない」

「私は正しく、相手が間違っているのだから、ひどい言葉をぶつけても構わない」

 

このような思考パターンは、ひとたび生じると止められなくなるパターンは本当に怖いです。

 

果たして人って、間違いを犯さないものなのでしょうか?
攻撃している人は、自分は間違えないって思っているのでしょうか?

 

開運の立場で言うと、人を攻撃すると確実に運が落ちます
人を呪わば穴二つです。

 

これは本当にやってはいけない事です。
正義中毒の人がいたら、全速力で離れる努力をしましょう。

まとめ

今日は①「私の宣言」と②「正義中毒」についてお話しました。
いかがだったでしょうか?

 

私の大好きな小林正観さんは、「正義感」についてこんな風に言っておられます。

 

『人間が怒ったり、腹を立てたりするのは、どこから来るのかというと、「正義感」から来ること生じている事が多いそうです。

 

自分が正しくて、相手が間違っていると思った時に、人は腹を立てる。

 

相手を追求したくて、非を認めさせようと思って「正義感」を振りかざして起こっているのですが、実は腹を立てている自分が損をする仕組みになっています。

 

損得勘定で言うと、あまりプラスにならない事をやっているのです。

 

キリストの言葉にこのようなものがあります。

「裁くものが裁かれる。
 裁かぬものは裁かれない。
 許すものは許される。
 許さないものは許されない。」

 

投げかけたものがブーメランのように返ってくるのです。

 

「人格者」とういうのは、正しさを「正義感」でもって振り回している人ではないのです。

 

真の人格者は、どんな状況であっても腹を立てないイライラしない人です。

 

常に「ありがとう」を言い、常に出てくる言葉が肯定的であり、常に言動で人を和らげ、穏やかに出来る人です。(努力ゼロの幸福論)

 

「正義中毒」の人ではなくて、許す人、イライラしない人、怒らない人になりたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき有難うございました。
いつもあなたを応援しています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 昔、父が「鏡を見なさい。舌を出すと鏡の中の自分(相手)も舌を出す。笑うと相手も笑う。」って言ってたことを思い出しました。…まったく同じことですね。
    ありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、コメントありがとうございます。
      お父様の言葉、素晴らしいですね。相手は自分の鏡、本当にその通りだと思います。日々の暮らしの中で、自分の行動を振り返っていきたいと思います。
      今後共、宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました