開運への導き㊲-「自分の心と素直に向き合っていこう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストゆーみんです。

 

昨日仕事が休みだったので、母とドライブに出掛けました。
車の中のBGMはラジオが活躍。

 

古くても、大切にしたいものが沢山あります。
以前学んだ事でもそれは同じ・・・。

 

暫く忘れていても、何かの折にふと思い出す事があります。
今日も良かったら、お付き合いくださいね。

良寛さんの言葉

今日はこんな言葉が飛びこんできました。
良寛さんの言葉です。

 

「裏を見せ 表を見せて 散るもみじ」


このように、人生は善と悪、正と邪、真と偽、明と暗、陰と陽で出来ています。

 

さまざまな「裏と表」を見せて生きています。
しかし、「外見と心」この二つは必ずしも相反するものではないのです。

 

だから、自分の心にどちらも存在するという事を認めて、常にバランスを保って生きていかなければいけないのです。

 

私達は相手に見せる事の出来ない心を、物で表し、態度で示し、
言葉にして相手に伝えようとしています。

 

これは、心と身体を併せ持つ人間の宿命ですね。
自分の中に、二つの心が存在しているのです。

 

でも、どちらを優先させるかは、自分の心にかかっていると思います。

キリストの教え

そんな時に、「偽善」を嫌い、醜いものを内に持っていながら、持っていないかのように見せかけ、他人の弱さを糾弾するファリザイ人に対して、キリストが言った逸話を思い出しました。

 

姦淫の現場を押さえられ、モーゼの律法に従って、この女性を石打ちの刑にするべきか、憐れみをかけて釈放するべきか、ファリザイ人がキリストに二者択一を迫った場面です。

 

釈放せよと言えば、神の掟をないがしろにすることになる。
でも、石打ちにせよと言えば、罪びとを赦せと説いているキリストの言葉が噓になってしまう・・。

 

とても厳しい選択でしたが、キリストはこのように仰ったのです。

「あなた方の中で、罪のない人がまずこの女に石を投げなさい」

 

キリストは、この女性をどうするのかという問いには答えず、石を投げる「資格」があるかどうか、ファリザイ人に問いただしたのです。

 

すると、周りの人々は石を投げることなく、一人去り、二人去って、その場に残ったのは女性とイエスだけになったのです。

 

そしてイエスは「これからはもう罪を犯さないように…」と厳しく女性に諭されたといいます。

 

罪は厳しく問われるべきだと思いますが、誰かを非難したくなったりしたときは、わが胸に手を当てて自問してみる事が大事ですね。

 

人を裁く資格があるのだろうかと・・・。
私も人を裁きたくなった時は、そこから先は「神の領域」に任せたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 人を裁く…いわゆる神の領域には人間はなかなか入れません。それでも裁かないといけない人達、裁判官はとても大変な職業ですね。普通の人は、悪い人を見たら裁きたくなる感情を持ちますが、自分の反省もする必要がありますよね!
    人の裁きに熱心にならず、わが身の反省をする…神様がとても喜ぶことです。
    今日も素敵な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。裁判官でもないかぎり、人を裁く前に我が身を反省する謙虚な態度が必要だと思います。
      それが神様が喜ぶ事だと聞いたら尚更ですね。今日も素敵なコメントをありがとうございます。

  2. 人間は誰でも二面性を持っています。良い面もあれば悪い面も持ってます。100%良い面を出せれば最高ですが、それは神の領域…聖職者であっても、難しい領域です。
    私達凡人がするべきことは、マイナスの面を生きてる限り少なくする努力を続けるということなのだと思います。
    より良い面を多くするように、日々コツコツ努力していきたいと思います!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      なるほど…凡人の出来ることは、マイナス面を出来るだけ減らすように努力する事なんですね。
      そういう努力をすることが、きっと良い面がもっと光り輝くのではないでしょうか?
      コツコツ努力する事が、いつも時代でも大事な事ですね。今日も素敵なコメントをありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました