開運への導き107~「上機嫌でいると良い事が起こります」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

この世の中には、喜ばれる人と、喜ばれない人がいるそうです。

 

神様の目から見たら、どちらも可愛い我が子のようなものです。
どちらがいいなんてないかもしれません。

 

でも、喜ばれない人は、周りから嫌煙されてしまいます。
なぜなら、その人が来ると「つまらない」「面白くない」「暗い」と思われてしまうからです。

 

喜ばれる人は、いつも周りから呼び出しがかかります。
あの人が来ると、「楽しい」「面白い」「明るい」と場が笑いに包まれる人はいつも平常心。

 

こう言う人は人気があって、魅力のある人なんじゃないかなと思います。
きっと、皆さんの周りでもいらっしゃいますよね。

 

では、どうしたらこういう人になれるかというというと、斎藤一人さんは「遊び心」が大事と言われました。

 

幸せって、自分を楽しませることから始まるから、一人さんはいつも遊びに真剣だと言います。

 

なぜなら一秒たりとも、自分につまらない思いをさせたくないから、自分をご機嫌にする考え方をするのだそうです。

 

自分が不機嫌だったら、人を機嫌よくさせる事が出来ないですよね。
だから、自分で自分の機嫌を取ることが大事なのです。

 

私は、この一人さんの考え方に共感しています。
自分から楽しもうとする姿勢が一番大事だと思う。

 

自分が幸せで満ち足りていなかったら、人を喜ばせる事は出来ないし、人に喜んでもらえる存在になることも出来ません。

 

当たり前だと感じる日常の中にも面白みを見つけて、それに感謝し、いつも機嫌よく過ごす。

 

たったこれだけで、人生の面白みは全然違ってくると思います。
人に喜ばれる存在になると、幸せ感が倍増していくのではないでしょうか?

 

今日も応援していますね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 仰る通り、いつも楽しむ心を持っている人は、周囲を明るくさせますね。
    でも僕は別の観点からも人を見ています。それは人に安心感や癒しを与える人の多くは、辛い経験を乗り越えた人達だからです。自然な微笑みは、楽しむ心と言うよりは、包容力から来ています。
    長く会っていなかった兄から「良い笑顔を出すようになったね」と言われました。また、その兄も昔のキツさが全く感じない優しい雰囲気を出していました。
    僕はまだまだ未熟ですが、周囲に笑顔や安心感を与えることができるような包容力を持てる人間になりたいと思っています。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。なるほど・・・・良い笑顔は楽しむ努力も大事だけど、包容力とか、安心感を感じさせるのですね。
      そんな人は、真から人を癒す力があるのだと思います。お兄様から、良い笑顔を出すようになったと言われたのですね。
      本当に良かったですね。優しい雰囲気は、とても大事な事だと思います。今日も頑張っていきましょう。
      素敵なメッセージを、ありがとうございました。

  2. 明るい思い、輝く笑顔、幸せな言葉…人を気分良くさせる姿勢はいつの世も不変ですね!
    自分が、自分が…という、自己主張ではなく、謙虚・思いやり・優しさを持つことを大切にすると、その波動は自然に周囲に伝播していくものだと思います。
    幸せの波長を発信できるように頑張っていきたいと思います。
    今日も大切な気付きをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      本当に仰る通りですね。明るい思い、輝く笑顔、幸せな言葉。。。この3つがあれば、人はいつでも人を気分良くさせていく事が出来ると思います。
      そして思いやりの心、謙虚な心、どんな時でも感謝する心が大事ですね。一緒に幸せの波長が発信できるように頑張りましょう。
      今日もありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました