開運への導き118~「運がいい人の特徴とは?」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日、こんな話を聞きました。
運が良くなる4つの方法」というものです。

 

リチャード・ワイズマンというイギリスの心理学者で、マジシャンとして世界的に活躍した人が、何千、何万という人のサンプルを取りました。

 

そして、どういう人が運が良くて、どういう人が運が悪いか、科学的に分析したのだそうです。

 

その結果が『運のいい人の法則』という本にまとめられていたので、少しだけご紹介させて頂きます。

 

それによると、運がいい人の特徴を次の4つにあげることが出来ます。

 

①チャンスを最大限に広げる

②虫の知らせを聞き逃さない

③幸運を期待する

④不運を幸運に変える

皆さんはどのように思われたでしょうか。
何か思い当たることはありましたか?

 

①は、いかに多くの方とご縁を結べるかにかかっていると思います。
運は人が運んでくるものだからです。

 

色んな方との会話や交流を通じてチャンスは生まれ、新しい情報や知識を獲得することが出来ると思います。

 

②の『虫の知らせ』とは、ザワザワした感じとか、しっくりこないという違和感を大事にすることです。

 

いわゆる予感や直感と言われるもので、言語化される前の段階で、こっちの選択をすると失敗しそうだとか、妙に心がざわつく、といった思いや感情に素直になることです。

 

いい事が起こる時も、成功するイメージがわいたり、テンションが上がったりします。

 

そうやって察知しているのに、気のせいだろう…と思っていると、直感が働かなくなってしまうので、違和感を大事にすることが必要です。

 

③『幸運を期待する』とは、どんな立場に立たされたとしても、常に心の奥底に、喜びを持つということです。

 

常に幸運を期待している事は、運を良くするのに重要な要素となります。

 

④四つ目の『不幸を幸運に変える』は、ストレスを跳ね返すとか、幸運をとらえる力に置き換えるということに繋がると思います。

 

人というのは、運の良し悪しに関わらず、不幸が平等にやってきます。
そんな時に、運の悪い人は、悪い方にのめり込んで、不幸を引きずってしまうのです。

 

反対に運の良い人は、不幸をバネにして、幸運に向かっていく土台にする力を持っているのです。

 

いわば、不幸が起きても、それが幸運に置き換わるというサイクルを持っているのです。

 

いかがだったでしょうか?
是非この4つの事を念頭に置いて、運が良くなる行動を心掛けてみてくださいね。

 

今日も応援しています。
最後までお読みいただき、本当に有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 幸運は、来るべくして来ますね!
    幸運を引き寄せる人は、幸運が来る道を開いている人です。
    一番わかりやすいのは、マイナス思考(幸運を寄せ付けない道)をプラス思考(幸運を引き寄せる道)に変えている人達です。
    忍耐・努力・笑顔・感謝・素直・謙虚…たくさんのプラス思考によって、自然に幸運は巡ってきますね。そういうプラス思考をいつも持てるような人間でいることを目標に、精進していきたいと思います。
    今日も素晴らしい気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      マイナス思考をプラス思考に変える人たちが、幸運を引き寄せる人・・素晴らしいですね!!
      私が一番言いたかったとのは、その一言です。ちゃんと私の言葉をフォローして下さり、感謝申し上げます。
      ありがとうございました。

  2. 不幸は平等にやってきますね。それは、今世だけの問題ではなく、前世、前々世…長い道程の中で平等にやって来るということなのだと思います。
    ですから、自分だけ人より不幸だといいうことはありませんね。
    ですから、不満ばかり口にせず、素直に試練を受け入れて幸せに変化させるよう、心構えも行動も変える必要がありますね!
    今日も大切なお話しでした。いつも気付きの導きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。そうですね。不幸はみな平等にやってきます。ただそれを、嘆くか、それをバネにして素直に受け入れて、幸せの方向に変化させるかで、まるで違ってきます。微差は大差を生むといいますが、積み重なると大きいと思います。今日もコメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました