ゆーみんの「希望の扉」8 小さな善行の積み上げが、人生で大事という話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

キリスト者の内村鑑三氏は、こんな言葉を遺しています。
「東洋思想の美点の一つに、経済を道徳と関連づけて、論じてきたことが上げられる。」

 

「東洋の思想家にとって、富とは常に、徳の結果もたらされるものであり、その関係は、実と木の関係と同じなのです」

 

皆さんはどのように思われますか?
西郷隆盛や二宮尊徳など、活路を開いた人は、見事なくらい私利私欲がありませんね。

 

そして、幼い頃に両親と死別するなど、様々な困難を乗り越えながら、歴史に名を残す人物になっています。

 

今でいう格差を身を持って体験しながら、その格差をはねのけて努力をされた人たちでありました。

 

その一番の理由は、読書による心の鍛錬があったのではないかと言われています。
本を読むことで、格差を埋める以上のものを、習得していたと思われます。

 

ここで、西郷隆盛の言葉を紹介します。
「命もいらず、名もいらず、官位も金も要らない人ほど扱いにくいものはない。
しかしそういう人でなければ、困難を共にして国家に大いなる貢献をする事は出来ない」

 

名誉や地位など、お金などの人間の欲、全てを削ぎ落していった時に、何が残るかといえば、結局それは使命や志になるといいます。

 

それと、「徳」というものですが、ちょっとした善行は、積もり積もらなければ名声に繋がりませんが、君子はちょっとした善行を日々積むことを疎かにしません。

 

機会があれば大きな善行も行いますが、自ら求めて行う事はないそうです。
小さい善、つまり陰徳を10年、20年と続けて、ようやく徳のある人になれるのです。

 

小さい善行を積み重ねていきたいですね。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 小さな善、陰徳を積み上げていくことが人の理想の生き方ですね!
    利他の精神こそ目指すべき道なのだと思います!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。共感して下さりありがとうございます。
      利他の精神を大事にする生き方が、とても大事だと思います。
      こちらこそ、いつも学ばせて頂いています。

  2. 「利他の精神」こそ人の目指すべき道ですね!
    マザー•テレサは、貧しい者は幸せだと言いました。貧しい者とは、我欲という衣を身にまとっていないということです。欲が募れば募るほど、人のことはどうでもよく自分の欲に集中してしまいます。そういう生き方だけは避けたいものです。
    今日も気付きのブログをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。私利私欲に走らないように、常日頃から気をつけていきたいですね。
      マザーテレサの言葉は深いですが、真実だと思います。
      今日も素晴らしいコメントを、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました