開運への導き57-「人生がうまくいく人の条件とは?」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

著書「あなたは絶対!運がいい」「あなたの運はもっと良くなる」などが累計250万部を超えるベストセラー作家、浅見帆帆子さん。

 

この方が本の中で、人生は考え方や行動によって、いくらでも変えることが出来ると仰っています。

 

ではどのようにしたら良いのか、浅見帆帆子さんの言葉を参考に考えてみたいと思います。

今この瞬間を楽しむこと

人生がうまくいく人の条件として、まずこの事が上げられると思います。

 

そう‥今と言う瞬間を楽しむことが一番重要なのです。

 

例えば、今目の目の人にどれだけ愛情を注げるか、今起こっている現実を、どれだけ心地よいものにするかが重要なのです。

 

夢を叶える秘訣は、「ずばりプロセスを楽しむ事。」
浅見さん流に言えば、夢や目標を持つ理由は、それを達成する事だけではないと言います。

 

半分はその途中で起こる出来事や人との出会いによって、自分を成長させることにあるのです。

 

夢や目標の達成にこだわりすぎると、それに執着してしまって、逆に遠のいていく場合もあると言います。

自己否定しない事

例えば「この数字を達成しないとダメな人間だ」とか、「この夢が叶わないと幸せになれない」と思った時に息苦しくなる。

 

そう思った瞬間にワクワクがなくなり、その苦しいイメージを引き寄せ始めるのです。

 

自分を絶対に責めてしまうようなことをしてはいけません。
じゃあ、マイナスな事に気持ちが動いた時どうしたら良いかと言うと次のような方法があります。

 

尊敬する人に会いに行くとか、元気になる音楽を聴くとか、好きな映画を観るとかでもいいと思います。

 

私ならちょっと贅沢をして、何か美味しいものを食べに行くかもしれません。

 

強運な人は共通して「平常心」を持っている人が多いですが、それはマイナスの感情を抱かないのではなく、自分で自分の心をまめにケアしているからだそうです。

 

自分で自分の心を大事にして、プラスにする努力をしているのですね。

 

自分で自分の機嫌をとる人になりたいですね。
今日も応援しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. たまたま、僕の「幸運」の投稿も、今日は「ポジティブ・楽観的」が題材です。同じですね。
    楽観的な人は、暗いところにも灯りを見出します!でも悲観的な人は、点っている灯りさえも吹き消してしまいます。
    明るく前向きな人生を送りたいものです。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。題材が「ポジティブ・楽観的」とお聞きし、とても親近感を覚えています。
      暗い所にも、見方を変えて、明るい人生を送りたいですね。
      今日もありがとうございます!

  2. 平常心はとても大切ですね!人間って、ここぞという時は不思議と冷静になるものですよ!
    僕の経験では、東日本大震災の時と癌になった時。あの強烈な揺れの中で、まだ保育園の長男、二男、乳飲み子の三男を抱えて意外に平常心でした。そして末期癌になった時も、次の日緊急入院だというのに、三男の熱性痙攣で救急車に乗り、普通に看護したり。
    いざという時にこそ、人間の底力が発揮されるのでしょうね!
    どんな困難な時も平常心を大切にしたいと思います。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      すごい体験をシェアして下さり、ありがとうご座います。いざという時に冷静になると、人間は圧倒的な底力を発揮できるのですね。
      とても勇気づけられます。こんな時こそ、平常心を持ちたいものですね。今日も素晴らしいコメントを、本当に有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました