開運への導き㊳-「善い思いが良い事を引き寄せます」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

新しい週が始まりましたね。
気持ちを新たに、今日はマザーテレサの言葉を紹介いたします。

 

マザーテレサの言葉

神の愛の宣教者会の創立者であり、カトリック教会の聖人マザーテレサ。(1910~1997)

 

マザーテレサの名言は数々ありますが、私はこの一文が大好きです。

 

「神様は私たちに成功して欲しいなんて思っていません。
ただ、挑戦する事を望んでいるだけよ」

 

この言葉を聞くと、心がとても穏やかになります。
周りの評価とか、目に見える実績を追い求める心を落ち着かせることが出来ます。

 

そして、こんな事も仰っています。
「愛とは、大きな愛情をもって小さなことをする事です」

 

マザーテレサは30代の頃、上流階級の子女の教育にあたりながら、いつもカルカッタの貧しい人々の姿を見ていました。

 

そして、ある時に神様からの啓示を受けて、全てを捨てて、カルカッタのスラム街に出掛け、貧しい人の元で働く決意をしたのです。

愛は小さなことの積み重ね

マザーテレサは、学校にいけないホームレスの子供たちを集めて街頭で無料授業を行い、体の不自由な人や必要とされることのない全ての人の為に、我が身を削って働きました。

 

やがて教会や地域の名士たちから、寄付が寄せられ、マザーテレサの活動は全世界で知られるようになったのです。

 

インド政府の協力で、ヒンズー教の廃寺院を譲り受けたマザーテレサは、「死を待つ人々の家」というホスピスを開設し、以降ホスピスや児童養護施設を開設していきました。

 

でも、その思いは全て「神様の為に働く事」という尊い思いがあったのです。

 

決して自分の私利私欲のために働いたのではなく、名声を追い求める事もしませんでした。

 

マザーテレサは、正直でい続ける事、人に優しくすること、人を赦す事を生涯にわたって提唱されました。

 

今日善い行いをしても、次の日には忘れられることを知っても、それでも善い行いを続けなさいと教えてくれたのです。

 

小さなことの実践は、必ず大きな成果を生みます。
ただ裏切られても、疎まれても、それをやり続ける勇気が必要なのです。

 

それをマザーテレサはそれを、「挑戦」という言葉に置き換えたような気がします。

 

小さなことでもいい、人の為になる善い事を始めてみませんか?
いつも応援しています。

 

今日も最後までお読みいただき、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 奇遇ですね!実は僕の今日のNoteの投稿もマザー・テレサの一言を題材にしました!
    マザー・テレサは僕の最も尊敬する人です。あの行動力、ぶれない信念には驚嘆するしかありませんね!
    カトリックでの聖人認定は普通何十年という月日がかかります。複数の奇跡の証明が必要だからです。
    でもマザー・テレサは、死後数年の異例の速さで聖人認定が成されました。それだけ多くの徳を重ねたということですね!
    足元にも及びませんが、少しでも人のためになることをしていきたいものですね!今日も素敵なブログをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。小笠原さんもマザーテレサの事を、noteに投稿されたのですね。奇遇ですね。
      カトリックの聖人認定は、何十年という月日がかかるのですね。知りませんでした。
      本当に偉大な功績を残された方だと尊敬します。私達も出来る事で良いから、少しでも徳を高めていきたいですね。
      今日も素敵なコメントをありがとうございました。

    • 愛とは、大きな愛情を持って小さなことをすること…とても素敵な言葉ですね!
      そして、これこそ真理なんだと思います!
      マザーテレサの言葉は、いつも大きな気付きを与えて下さいますね。
      僕はカトリック教徒ではありませんが、心から心酔します!
      マザーテレサの足元にも及ばない凡人ですが、ほんの僅かでも手本として生きていけるよう頑張らなければと思います!
      今日も素敵な投稿をありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました