感謝すると強運になれるというのは本当だった。

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日は朝一食抜き、お昼から普通食に戻りました。(昨日から減食生活です)
久々の食事・・・、もう待ち遠しくて、待ち遠しくて・・・!!

 

時計の針が12時になるのを本当に子供の様にワクワク待ってました。
とはいえ、いきなり暴飲暴食をしてしまうと体に負担をかけますよね。

 

だから、まずはよく噛んで消化の良いものを・・・
これは減食の鉄則ですね。

 

食事が普通に出来る事に心から感謝!!
やはりファスティングの力はすごいです。

 

さぁ、今日も一日張り切っていきましょう!!

考え方の癖

さて、皆さんは癖って持っていますか?
どんな事を無意識でやってしまうのでしょう。

 

考えてみると、人それぞれ色んな癖がありますよね。

 

でも、本来癖って必ず直せるのです。
あなたが直そうと思えば、今からでも・・・

 

私にも長年ちゃんと出来ていない癖があります。

 

「トイレの蓋を閉め忘れる癖」

 

「部屋の電気を消し忘れる癖」

 

「早く食べる癖」

 

「物を出しっぱなしにする癖」

 

これって、ダメですね~。
いまだに家族から注意を受けることがあります。

 

でも、言ってもらえるうちはまだましです。
言われなくなったらおしまいです。

 

きっと物に対する感謝の念が足りていないのだと感じます。
整理整頓が出来なければ、仕事のパフォーマンスはかなり下がります。

 

乱れた部屋では、落ち着いて何かをしようという気になれないし、探し物をしながら作業に取り掛かることになってしまいます。

 

だから常に断捨離して、自分の心を整える必要があるんですね。

 

少し前に「感謝泣き」という話をブログに上げましたが、感謝の持つエネルギーはとてつもなく大きいです。

 

そして、同じ癖でも「感謝癖」を持っている人は、特に強運になれるのです。

 

これはある経営者のお話ですが、長男に自分の経営不振の工場を任せたことで、その長男が過労死してしまいました。

 

「もうどうしていいか分からない・・・」

 

その社長が途方に暮れ、嘆き悲しんでいた時に、経営の神様と呼ばれた船井総研の船井幸雄さんから、「まずは感謝しなさい」と言われたそうです。

 

息子が死んだのに・・・・?

 

そんな不幸にも感謝???

 

これはきついです。
私ならとても出来そうもありません。

 

でも、この社長は悲しみをこらえながら、やっとの思いで感謝したのだそうです。

 

すると、仲が悪くて疎遠だった次男が返ってきて、長男のやっていた会社を継ぐと言ってくれたのです。

 

それからも感謝をし続けたら、次男とも仲良くなり、あんなに経営状態が悪かった長男の会社もV字回復したといいます。

 

愛する息子の死という、人が最も忌み嫌う事でも、父親が無理やり感謝する努力をした結果、このように素晴らしい事が次々と起こったのです。

 

「癖」がすべてを決めるのです。
そして、考え方の癖は直せます。

 

どんなに苦しい事でも、受け入れがたい事でも、それは神様からのプレゼント。
「受け入れる」しかありません。

 

そして、受け入れたら、無理やりにでも起こった出来事に感謝をする。
この事で、その後の人生が全く変わるのです。

 

あなたは、与えられた試練を恨みますか?

 

それとも、受け入れて無理やり感謝する努力をしますか?

 

とても難しい事ですが、嘆いて生きていても現実は変わりませんよね。
感謝する努力こそが、神様が最も喜ぶことなのです。

 

感謝する癖、これを歯磨きのように当たり前にすれば、目の前に起こる事が絶対に変わってくると思います。

信用できる人、信用できない人とは?

さて、次に信用できる人と、そうでない人の見分ける方法をシェアしますね。
皆さんは、どんな人が怪しいと思いますか?

 

実はこれを知っていると、かなり騙される可能性が低くなると思います。
私も、もっと早く知りたかったです。

 

その答えとは・・・・

 

「私はあなたに一生ついていきます!」なんて軽々しく言う人です。

 

ある経営者に言わせると、そんなことを言った人で、ずっと離れずにいる人なんて、ほとんどいないそうです。

 

それから「成功させてあげる」なんて自信満々で言う人やセミナー講師も怪しいです。

 

人の一生を、誰かが背負うなんて、そんな事が果たして可能でしょうか?

 

言葉は軽々しく言ってはいけないように思います。

 

色んな人が寄ってきますが、言葉でそんなことを言う人は、あまり信用しない方が良いのではないでしょうか?

 

でも、信じたい人は、自己責任で信じたら良いと思いますよ。

 

言葉って本当に大事です。
その人の心を表します。

 

大した覚悟もないのに、人の人生を背負うとか、あなたに人生を任せるなんて言ってはいけないと思います。

 

そもそも、誰かに成功させてもらいたいという発想ではダメなんですね。

 

マーケティングのメンターのダン・ケネディーはこんなことを言っています。

その分野で成功できるかどうかは、その分野で成功したいという気持ちがどれくら

い本気かによって決まる。

 

「こうすれば成功する」というノウハウがいくらあっても、成功したいという気持ちが弱ければ、それが実行に移される事はないのです。

 

逆に、ノウハウなんてなかったとしても、成功したいという気持ちが強ければ、ノウハウなんて何とでもなる。

 

睡眠時間を削って時間を作ったり・・・・・

 

趣味や遊びの時間を無くして働いたり・・

 

迷う暇なく行動したり・・・

 

最終的に、その人の本気度が試されるのだと思います。
結局のところ、自分がそうしたいと思う気持ちに敵うものはないのです。

 

それに、そういう情熱を持った人は魅力的に映り、協力したいという人が必ず現れるのです。

 

やはり最後は「人間力」なんですね。

 

私も人に依存せず、誰かに応援してもらえるように「人間力」を高めたいです。

まとめ

今日は自分の癖を見直し、感謝する癖をつけると良いということ、信頼される人はどういう人なのか、という事をお話しました。

 

皆さんはどのように感じられましたか?

 

やはり人生を変えていくのは、その人の本気度だといえるのではないでしょうか?

本気でやりたいなら、本気でそうするはず・・・
「〇〇したい」だけで人生終わっては、本当に勿体ないですよね。

 

才能やノウハウがある人が、夢を叶えるわけではないと思います。
毎日自分と戦って、打ち勝った人だけが夢を叶えていけるのかもしれません。

 

本気度を出して、一緒に夢を叶えて行きましょう。
そして、普段から感謝癖をつけていきましょう。

 

今日もあなたを応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました