幸せは自分の心が決めると言われる時代について思う事

スポンサーリンク
潜在意識
スポンサーリンク

リラックスしているときに願望が叶う‥‥こんなYouTubeを見ました。
こんにちは。ナンバーインスピレーションカードセラピストのゆーみんです。

以前もお話しましたが、私は保育園で働き、2人の孫もいるおばあちゃんです。
小さい子供さんに接する機会が多く、今まさに第2の子育てを経験する機会に恵まれました。

日々成長する子供達

人間は生まれてから1年間は、本当に一人では何もできなくて、生理的未熟児で生まれているんだなぁという事を感じます。
自分では何もできないし、食べる事も歩くことも、話す事も出来ない。

それは動物の赤ちゃんと人間の赤ちゃんの決定的な大きな違いであると思います。

野生の動物が一年間も歩けない、食べらないなんて状況だったら、直ぐに他の動物の標的にされてしまい、命だって落としかねません。

人間は生後、生理的には未熟児の状態で大人の助けは必要だけど、小さな子供達にも立派な意思があるのです。

未熟ながらも
ちゃんとした個性を持ち、自分のやりたい事に興味を示し、楽しんだり、喜んだり、泣いたり、精一杯今という時を生きています。

皆さんも身近にお子さんがいたら、そのように感じられると思いますがいかがでしょう?

大人の介入なしには、一日も生きることが出来ない赤ちゃん。

でも、ちゃんとした個性を持ち、日々沢山の成長を遂げる未来ある子供達。

彼らには、失敗したらどうしようとか、自分は出来ないかもしれないなんて、そんな事を考えたりはしません。

生き生きと、やりたい事は進んでやろうとし、やりたくない事は、全力でその事を訴えたりします。

だからこそ、大人の役割は大きく、初めて子育てをする初心者マークの母親をサポートする祖母の役割は本当に大きいと思っています。

勿論子育てすることだけが女性の役割だとも言えないし、子供がいなくても、幸せを感じている人は大勢いるので、多種多様な価値観の中で、結婚することや子育てをすることだけが幸せと位置付ける事は出来ないかもしれません。

でも、私はこの立場が与えられたことを、すごく幸せに感じます。
なぜなら、自分が過去やってきたことや、経験を曲がりなりにも役立てるからです。

孫たちが笑っている姿や、私がいる事で何となく安心している娘の姿を見るにつけ、私のこの立ち位置は案外悪くないかも…って思ったりしています。

自分の存在が誰かの役に立っている…そう感じる事が、私の喜びに繋がっているし、そのために忙しくなることは苦ではないのです。

幸せって何だろう?

私は、少し前まで、お金に困らない事や、どこかに旅行に行ったり、美味しいものを食べたり、自分がしたいと思ったことがすぐできる事が幸せだと思っていました。
現実の自分と理想の自分に出来るだけ差がない事が幸せだと…。

でも、生きている事、こうして現実のこの世で、自分に与えられた役割があること、そのものが幸せであると気づきました。

なにも起こらない事の幸せ。

孫が元気でいてくれることの幸せ。

体が普段どおりに動いてくれることの幸せ。

仕事があることの幸せ

そして幸せだと感じた時に、すごくリラックスしている自分を発見したのです。

人のお役に立てて、喜んでもらえて、それがお金に繋がったらいいなあというのが、正直な思いでしたが、たとえお金に繋がらなくても、今の状況でもお金には本当の意味で困っていないという事に気付いたからです。

そして、先ほど池江璃花子さんのインタビューを動画で見ました。
とてもタイムリーな内容でした。

「生きていることが奇跡 あなたも元気になれるよ」という2月19日に放送された報道ステーションの動画です。

去年白血病が判明し、入院を余儀なくされた池江さん、世界ランキング1位にもなり、東京オリンピックでも金メダル候補として、有力視されていたさなかの突然の病気発覚でした。

本当に想像を絶するほどつらかったでしょう。
悲しかったでしょう。
彼女の心境を思うと胸が痛みます。

でも、その中で本当に素敵だなと思ってことが2点ありました。

最初にお医者様に病名を告げられた時に、大泣きをした。
でも、病室に帰ったら落ち着きを取り戻した。

なぜなら

◎病院に来てくれる関係者に辛い顔を見せたくなかったから
◎もう東京オリンピックについて考える必要がなくなったという事が分かったから
今までは気づかなかったが、メダル候補と言われている事にプレッシャーを感じている自分を発見したそうです。

それから、トレーニングを開始して、以前と同じようには体を動かせないという事に対して、彼女は「面白い」という表現を使っていました

今の自分を冷静に判断し、悲観するのではなく、動くことが出来るという言う事実に関して感謝し、楽しむ。

筋肉質だった自分が痩せる事によって、以前は入らなかった服が着られることになったことに対し、純粋に喜ぶ。

このマインドの強さ、切り替えの早さに、どれだけの人が救われたことでしょうか。
池江さんは、人を勇気づけ、徳積みをされたんだなあと感心しました。

自分の与えられた環境でめいっぱい楽しむ

私はこの動画を見て、起こる事実は変わらなくても、受け止め方でその後の人生が大きく変わってくるんだろうなと思いました。
病気は悲しい現実だとしても、池江さんのように与えられた運命に、愚痴や泣き言を言うのではなく、自分の中で前向きな方向に気持ちをシフトしていく。

そうすることで、多くの人に勇気を与え、自分の気持ちを大丈夫、絶対治るという風に高めていく事が出来るのだといった強さを示してくれているのだと思います。

彼女の境遇に比べたら、普通に生活できる当たり前の日常は本当に有難い事ですね。
あとは、自分の今いる環境をどう楽しむか、自分なりに工夫する必要があると思います。

まとめ

幸せってやはり自分の心で感じるものだと思います。

今、自分がどんな場所にいて、どういう状況であっても、そこに楽しみを見つける。
その居場所を最高と思う。
もし、思えなくても、人生は右肩上がりに少しづつ良くなっている、と信じる自分でありたいです。
小さな子供が、自分は出来ないかもしれない…と思わないように。

きっと自分にも与えられた役割があるのです。
それに気づいて、小さなことにも感謝できる自分でいたら…
きっと応援してくれる人が出てくると思います。

今日もお読みいただき有難うございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました