開運への導き73-「幸せ力を身につけよう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは日々の生活を楽しんでいらっしゃいますか?
あの世に行くとき、向こうで決まって聞かれる事があるそうです。

 

それは何かというと・・・
人生を楽しんできましたか?」という事です。

 

皆さんは、日々を楽しんでいらっしゃるでしょうか?
出来れば「YES‼」と胸を張って言いたいですよね。

幸せはいつも自分の心が決める

私は、人生はこの一言に尽きると思っています。
人生というドラマをどう捉えるかにかかっています。

 

「人生は修行である」「人生とは苦しみを乗り越える事」と捉えている人は、人生を楽しめません。

 

小林正観さんも、「幸も不幸も、勝ちも負けも、成功も失敗も、敵も味方も、全部自分が決めている」と仰っています。

 

同じ状況でも、それを幸せだと思う人と、不幸だと思う人がいるという事です。

時代の変化に対応する

現代は科学技術の発展をベースに、時代が音を立てて急速に変化している事を感じずにはいられません。

 

新しい病気の到来、世界各地の紛争の激化、自然災害など、世界は今なお劇的な変化が起こっています。

 

この流れは早々止まらないばかりか、増々加速する事になりそうです。
気を引き締めながらも、変化に対応できる心構えを持っていたいですね。

 

何より、豊かさの価値がモノからココロへと移り変わり、目には見えない非物質的なものが主流となっていくような気がします。

 

これからの時代は、精神的なもの…例えば情報や人脈、競争から棲み分け(共創)、依存から自立の連携が大事になってくるように思います。

 

どんな時代が来ようとも、欲から少し離れて、人生を楽しもうとする人が心の豊かな人といえます。

 

全てはモノの見方、捉え方次第。
今この瞬間を楽しめる人でいたいですね。

 

今日も応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント

  1. 人生が終わった時に問われるのは、いかに魂の向上を成し遂げているかです。その魂の状態によって、進む環境が決まるからです。
    すべては感謝に尽きると思います。
    すべての事象に感謝しなければ、何も生み出さないことを死の淵で気付かされました。
    辛いことにも感謝できる癖をつけたいものですね。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      死の淵に立った時、自分がどのような魂の進化を遂げていたのか、試される時が来るのかもしれませんね。
      辛い時にも感謝する癖をつけて、人生を終えることが出来たらいいなと私も思います。
      今日もコメントを寄せて下さり、ありがとうございました。

  2. すべては自分の心の持ち様ですね!
    楽しい時だけ、笑っているのではなく、辛い時も笑っていられる心の広さを持つことが究極の目標なのだと思います。
    いつも明るく前向きに、ポジティブな思考を持って生活したいと思います。
    今日も素敵なブログをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      いつも心に太陽を…辛い時ほど、笑って受け入れる心の余裕を持ちたいですね。
      今日も素敵なコメントを、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました