先手を打ち、言葉を変えると運命が変わるという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日は開運の方法を教えてもらいました。
それは「先手必勝の法則」です。

 

例えば、皆さんがカジノに行って、もし超初心者だった場合、どうしたら勝つ可能性が高くなると思いますが?

 

実は、これを知ると誰でも勝てる可能性がグッと伸びます。
興味のある方は、是非このまま読み進めてみてください。

先手必勝の法則

先ほどのカジノの例で例えると、勝てる方法はこの一つです。
初心者でも勝つ方法は、ツイてる人と同じ賭け方をすることです。

 

すると、高い確率で勝てるといいます。
ツイてる人が言った通りに賭けてみるのです。

 

勿論100%でないですが、ツイてる人はそれだけツキを持っているということです。

 

でも、ツキっていつまでも続くとは限りません。
ツキがなくなった人と離れるのは、ある意味大事だと思います。

 

勿論見捨てろと言うわけではなく、恩を忘れてはいけませんが、私たちは情に振り回されて、ツイてない人と過ごす事があります。

 

そうすると、必ずツキが落ちてくるのです。
もしツキを上げたいと思うなら、先手必勝の考えを持った方が良いです。

 

🍀ツイてる人は、「スピード」を大事にします。
情に振り回されると、後手後手になってスピードが落ちます。

 

人生に勝ち負けはないかもしれません。
でも、後手に回って様子を見たりすると、ツキのない人たちとずっと過ごす事になってしまうのです。

 

これからは、精神性の高い人、向上心のある人、人のことを考えて生きている人と一緒に過ごす時間を多く持った方がいいでしょう。

 

そういう人はツキを持っているからです。
自分がツキを持っていなくても、そういう人と一緒にいるとツキが回ってくるようになるのです。

 

人生の中でチャンスを掴みたかったら、ツキのある人、精神性の高い人、向上心のある人と付き合った方が絶対にステージが上がると思います。

現実をしゃべるな!

私が大好きな実業家の一人に、「斎藤一人」さんという人がいます。
一人さんも繰り返し、「絶好調!」と言いなさいと教えてくれます。

 

🌈とにかく、現実で起こる苦しい事、悲しい事、嫌な事に対して、それをそのまま口にしてはいけないのです。

 

なぜならツキを落とすからです。
心が折れた…なんてことを思っても、それを言葉にしない事です。

 

つまり、愚痴や泣き言を言うなということです。
言葉は、苦労や心配事に使うものではないからです。

 

愚痴を言う時は、きっと辛い現実を幸せに変えたいから言ってしまうのだと思います。

 

だからこそ・・・。

 

🌈もし幸せになりたいなら、「理想をしゃべることが絶対に大事!」
なのです。

 

理想を喋ることは、嘘をつく事ではありません。
幸せを呼び込む、魔法の言葉になるのです。

 

現実を喋るな!」「理想を言うべき!」

これが私が朝の勉強会で得た、強運になる為の呪文です。

 

理想を言い、それが現実になるかどうかは神のみぞ知るです。
でも、「絶好調」とか、「今日もいい日だ」って言ってると気分は落ちません。

 

苦労を苦労と感じない自分になる為の方法。
それは、言葉の使い方にもちょっとした工夫があったのです。

まとめ

人生の中で大事な事は・・・
①先手必勝で、スピード感を上げて行動する事。
②現実の思いを喋らずに、理想を喋った方がいいという事

 

この2つを伝えさせていただきました。
だから、普段の生活の中で天国言葉を沢山使うと良いと思います。

 

皆さんは、天国言葉って知っていますか?
是非次の言葉を普段から、繰り返し口にして下さいね。

 

あなたの日常が劇的に変わります。
そして良い事が雪崩の如く起きるようになりますよ!

 

では復唱!!

 

🌈天国言葉
✨愛しています
✨ついてる
✨嬉しい
✨楽しい
✨感謝します
✨幸せ
✨ありがとう
✨許します

 

皆様にとって今日も良い一日でありますように・・・
今日も最後までお読みいただき、本当に有難うございました。

 

 

 

 

コメント

  1. カジノで初心者が勝つには、ついている人と同じ賭け方をする…まさにその通りですね。昔父が、母を連れてマカオに行った時、カジノに行ったらしのですが、倹約家の母が、「お父さん、もったいないからやめて」って言ってるのに、初心者であるはずの父が、笑いながらどんどん当てまくったそうです。そのうち、倹約家であるはずの母が「お父さん、次はどれに賭ける?」と聞く始末。母が亡くなる前の遅い新婚旅行、楽しかったことと思います。
    なぜ父は勝てたのでしょうか。それは由美さんが言われた通り、すべてその日運を持っていた人と同じ賭け方をしたからです。父は、それを思いつきではなく、しっかりと認識して実行したからだと思います。今日のお話しを聞いて、フッと40年前の話を思い出しました。
    今日も素敵なお話をありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、40年前のお話をシェアして下さり、本当に有難うございます。
      初心者であるお父様が、ついている人と同じ賭け方をして、勝ったというお話…本当に感慨深いものがあります。
      やはり、そうなのかとと改めて思わせて頂きました。
      ご両親が楽しい旅行を過ごせて本当に良かったですね。お父様の先見の目が幸運を引き寄せた良い例ですね。
      その情景を想像しながら、私も笑顔になってしまいました。ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました