ゆーみんの『幸せの道標』70 天国言葉を使いこなしてみませんか?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は以前にも書きましたが、自分の口から出る言葉は、「言えば言うだけ、もう一度それを言いたくなるような現象が降ってくる」という話をします。

 

ご存じの方もいると思いますが、小林正観さんの言葉で「宇宙の法則」です。
そして、聖書のヨハネ伝の中にも、「はじめに言葉ありき・・」という一説があります。

 

言葉は神と共にあり、どうやら普遍的な宇宙の方程式のようです。

 

「嬉しい、楽しい、幸せ、愛してる、大好き、ありがとう、ツイてる」というような天国言葉を言っていると、またその言葉を言いたくなるような現象が訪れる。

 

そしてその数が多ければ多いほど、本人が考えつかないくらいの、喜びの出来事が起こり始めるのです。

 

そうなると、人生が楽しくて仕方がなくなりますね。
小林正観さんの考え方は、自己啓発セミナーで言っている事と少し異なります。

 

根性で「ナンバーワンになりたい」と言っていれば、「ナンバーワンになれる」というものではなさそうです。

 

そう言ってる間は、来年も「ナンバーワンになりたい」と言っている状況が続く。
即ち、永遠にナンバーワンになれないのです。

 

そして、驚いたことに「~になりたい」と言い続けて幸せになった人はいないそうです。

 

「思い続ければ夢は叶う」というものではなく、思いではなく、言葉の方が大事だと仰っています。

 

そして、やってみた人だけに、とんでもなく楽しい人生が待っていると言います。
言葉を良い方向に使いこなせたら、宇宙の方程式が使いこなせるかもしれません。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました