開運への導き109~「日常であなたを助ける3つの法則」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日車の中のラジオを聴いていたら、こんなトークが心に響きました。
今日は「褒める事の大切さ」について書こうと思います。

 

日本人は、褒めるのが苦手な人が多いと聞きます。
でも、アンケートで「叱られる」「褒められる」のとどっちがいい?と聞くと、大抵の人が後者がいいと言います。

 

それはそうですよね。
褒められた方が気持ちがいいし、モチベーションも違ってきます。

 

でも、特に中高年の男性は、褒められる機会が少ないと言います。
もしかしたら、本人も褒めることが少ないせいかもしれません。

 

でも、ここでやみくもに褒めたら良いかというと、そういうわけでもなさそうです。

 

実は褒め方にもちょっとしたコツがあるのです。
ラジオの声はこんなことを仰っていました。

 

🌸褒め方のコツ。
それは、「す・ぐ・き」にあります。

 

さて、皆さんは分かりますか?
でも覚えやすいので、是非活用して頂けたらと思います。

 

🍀すぐきの「す」は、「直ぐに褒める事」だそうです。
時間を置かずに、いいなと思った事をその場で直ぐ褒めます。

 

🍀すぐきの「ぐ」は「具体的に褒める」ということです。
どういうところが良かったのか、分かりやすく伝えた方が、相手の心に響きやすくなると思います。

 

🍀最後に「き」とは、「気持ちを込めて褒める」ということです。
ただ単に、表面的に褒めても、相手に見透かされてしまいます。

 

逆に、気持ちを込めて褒めた言葉は、相手にやる気を出させたり、喜ばせる魔法の言葉になるので、その威力は何倍にもなって自分に跳ね返ってきます。

 

是非「す・ぐ・きの法則」を意識して、人とのコミュニケ―ションをうまく取ってみてください。

 

自分も相手に理解してもらいたいように、相手も自分の気持ちに共感してくれる人には、味方となってあなたを助けてくれます。

 

良い感情で向き合えば、必ずあなたの味方が増えて、いろんな場面で助けてもらえることでしょう。

 

今日も、笑顔で楽しい一日をお過ごしください。
お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. す・ぐ・き…ですね!
    気をつけて実行してみたいと思います。
    山本五十六の言葉にもあるように褒めるということは、とても大切なことですね。
    また言葉で言い表さなくても、こちらの話を聞いて、真面目な表情で深く頷く方もおられます。感銘を感じる時の表情ですね。相手に肯定的に思いが伝わったと実感する瞬間です!
    褒めて感謝して…の繰り返しが人間関係を良好に保つことは間違いありませんね!
    今日も素敵なお話しをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。相手を褒めて、良い所を認めると感謝も生まれ、悪い所があまり気にならなくなりますね。
      どこにフォーカスしていくかが大事かもしれませんね。それを繰り返していく事で、信頼関係が生まれ、良好な関係が築ける
      ように思います。今日も素敵なコメントを、ありがとうございました。

  2. 今日も素敵な気付きのブログをありがとうございます!
    す・ぐ・き…の気持ちを持って、周囲の人に接していきたいと思います!
    褒めると感謝を生み、感謝は信頼を生み、信頼は幸せを生みますね!
    いつも感謝の気持ちを大切にしていきたいものですね。
    今日も素晴らしい一日をお過ごし下さい!

タイトルとURLをコピーしました