人生を左右する大切な事とは?

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
今朝も寒いですね。

 

日に日に寒くなってくると、朝の時間帯の過ごし方にも工夫が要ります。
中々起きるのが辛くなってきています。

 

でも、ここが踏ん張り時・・。
人がやっていない事をすると運が良くなるからです。

 

誰かが楽をしている時に、努力を少しだけする習慣にする。
凡人だからこそ、あえて自分に負荷を与える事を選択しています。

 

運を上げる努力は、朝早く起きる事から始まると私は思っています。

食は運命を左右する

今日は人生で借りているものは何?…という勉強をしました。
これはとても大事な話なので、是非シェアしたいと思います。

 

さて、人は魂、命、肉体で出来ていますが、皆さんは人生は借りものだという意識は持っていますか?

 

恐らく、借りものだと思って生きている人はごく少数だと思います。
大抵の人が、自分の命は自分の物と思ってしまいます。

 

だから粗末に扱う人が多いですよね。
暴飲暴食は、その最たるものだと思います。

 

昔、水野南北という江戸時代の人相見がいて、ほぼ百発百中だったそうです。

 

そして、何に注目して鑑定していたかというと「」と「食べ方」だったのです。

 

水野南北ははっきりと言います。
食はその人の運命を左右すると・・・。

 

運命の吉凶はずばり、食を慎むか、慎まないかの違いだったのです。
でも、多くの人はこの事をほとんど知りません。

人生の借りものとは?

また人生には借りているものが沢山あります。
それは次の4つです。

1 

2 身体

3 人生

4 食べ物

食べ物が人生の幸不幸を左右しているというのですが、これは食べ物が借りものであるという事から来ています。

 

元々食べ物は命だった物。
人から借りてきたものを返さないと運が下がるのです。

 

これは借金を返さないのと同じです。
食べれば食べる程、借金はかさみます。

 

だから、好きなだけ食べて飲んで、借りを返さない生き方をすると、どんなに成功している人でも、成功し続ける事は出来ないのです。

借りを返すとはどういう事?

でも、どのようにしたら運を上げ、借りを返せるようになるのでしょうか?

 

それは、世の為人の為に働く事です。
そして、もっといいのは粗食をしてこれを行うともっといいのです。

 

粗食にすることは、借りをあまり作らない事になるので、とてもお勧めできることです。

 

沢山食べる事は、借りを沢山作ることになるので、どんどん返す事が難しくなってくるのです。

 

だから、減食やファスティングを定期的に行う事は、運を上げるのにとても役立つのです。

 

なぜ、私がこれを広めたいと思ったのか・・・。
人生の吉、凶が、食に左右されるという事実を知って欲しいからです。

まとめ

ジャパネットたかたの高田社長や、星野リゾートの星野社長は、1日に一食しかとらないそうです。

 

お金持ちだし、お付き合いで会食も多いと思われるのに、パーティーの時でさえ、あまり食べたりなさらないそうです。

 

やはり成功者は、食が人生を左右するという事を、感覚的に分かっているか、熱心に勉強されたのだと思います。

 

命や食べ物を自分の物だと思い、粗末に扱うと横暴になり、運気が下がります。

 

では、どうしたら良いでしょうか?
それには世の為、人の為に一生懸命働く事です

 

そして、例え食べ過ぎてしまっても、決して自分を責めない事です
自分を責めても、何一ついい事はありません。

 

もし、食べ過ぎてしまったら、次の日は必ず減食しようと思えばいいだけです。

 

要は、減らす努力をすればいいだけだと思う。
そして、世の為人の為と思いながら、目の前の仕事に取り組む事。

 

これがとても大事になってきます。
運を上げるために、食について今一度考えてみませんか?

 

食は人生を左右する。
借りているものを返す努力を、お互いにしていきましょう。

 

コメント

  1. 元経団連会長で石川島播磨重工業社長、東芝社長だった土光敏夫氏は、奥様と二人、ご飯、味噌汁、めざしで食事をしていたそうです。
    億万長者でも、粗食を旨とし、健康管理をし、国のために全力を傾けた素晴らしい方です。
    食事管理、そして無駄をせず節制に心掛けること。
    学ぶことは多々多いです!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      元経団連会長の土光さんでも粗食で過ごされたのですね。食事管理は本当に大事な事だと私も思います。
      無駄を省き、食事も適度に楽しむ事。やはりバランスが重要ですね。今日も色々教えて頂き、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました