ゆーみんの『幸せの道標』78 人生は改良の連続だという話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

今日は目標についてのお話です。
ある読者さんから、男性脳と女性脳の違いについて教えてもらいました。

 

女性の場合は、概して真面目な人が多いので、あまり壮大な目標を立てると挫折する人が多いそうです。

 

反対に、男性の場合は、女性より流されやすい傾向があるので、ちゃんとした行動計画が必要で、それがないと怠惰になるという感想でした。

 

勿論個人差もあるので断定は出来ませんが、一理あるなと思います。
皆さんも良くご存じの斎藤一人さんは、また違う事を仰っています。

一人さんは男性ですが、計画的な目標を立てた事がないそうです。
上手な行動計画を考えた事がないと言います。

 

では、何故社会的に成功しているかというと、やっぱり他の人とは違う事を考えておられました。

 

それは、改良する事を徹底的に面白がること
それと迷った時は「四方よし」を考えるそうです。

 

自分にもよくて、相手にも良くて、それで世間の人たちも喜んでくれること…神様がマルをくれるような事を考えるのだそうです。

 

一人さんが日々大切にされているのは、「この人生を楽しんでいるか」ということと、「人に親切にしたか」という事です。

 

この2点を常に念頭に置いてるとのことでした。
皆さんはどのように思われますか?

 

多くの人は「何か特別な事をしてるんじゃないか」って期待するけど、実は特別な事は何もなく、考えている事や行動を正しくするだけなんです。

 

自分が楽しくなかったり、相手が良くないんだとしたら、どこか間違っているという事なので、その時は改良したらよい

 

とにかくこの繰り返しだと言います。
我も良し、人も良し・・・四方よしで、みんなが心地よく過ごせる世界を目指したいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 「四方よし」…とは、素晴らしい言葉ですね!
    渡辺和子の「人生の最後に残るのは、得たものではなく、与えたもの」…という言葉を思い出させます。
    周りが幸せになってこその自分の幸せ。
    自分一人の幸せなど、あるようで実は無いのだと思います!
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。渡辺和子先生の言葉は素晴らしいですね。『人生の最後に残るのは、得たものではなくて、与えたもの』…素晴らしい言葉を教えて下さり、ありがとうございました。本日も感謝申し上げます。

  2. 「四方よし」の精神は真理ですね!
    周りに尽くすと感謝され、また自分も尽くしてもらえます。そして、またそれに感謝。良い考えや行いはどんどん循環しますね!
    人への優しさや慈しみを大切にしていきたいと思います。
    今日も気付きのお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。四方よし・・の考え方に賛同して下さり、ありがとうございます。
      感謝の輪を広げ、良い考えや行動を、周りに循環させていきたいですね。今日もコメントを有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました