人間の力は無限大!!

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

昨日は風が強かったですね。
皆さんの所は、台風は大丈夫だったでしょうか?

 

昨日雨で、いつもの時間に散歩に行けず、半分しか予定の距離を回れませんでした。
そこで、もう半分の距離を午後に回したのですが、とても暑かったですね。

 

朝の涼しい時間帯に慣れていると、やはり体力の消耗が違ってきます。
天気の日のルーティンが、どんなに有難いかが良く分かりました。

 

皆さんもどうか通勤等に気をつけて、元気な一日を過ごしてくださいね。
今日も一日頑張りましょう。

意識して使った方が良い3つもの

青空

日曜日にさかのぼりますが、朝活で「奇跡の起こし方」というお話を聞きました。
さて皆さんは、どうすれば運を上げられると思いますか?

 

運を上げるためには、スピードをとにかくあげる事だそうです。
スピードを上げると奇跡が起きやすくなります。

 

皆さんは奇跡を信じますか?
起こしてみたくないですか?

 

私は奇跡を見たいです。
そして、強運になって、周りの人たちに良い影響を与えたいです。

 

朝活で、「万人幸福の栞」を学んでいますが、その17章にこんな言葉があります。

 

人生は神の演劇、その主役は己自身である

 

これは、人生という舞台は神様が用意して下さっているという意味ですね。
そして、その主役は私たち自身です。

 

舞台は神様が用意して下さり、演じるのは自分。
でも、好き勝手な事をしては幸せになれないというのです。

 

神様が決めた守るべきルールがあって、それにのっとっていけば、楽で楽しい人生を送ることが出来るとあります。

 

でも、皆さん。宗教ではありませんよ。
どうか誤解しないでね。

 

17章の言葉の中に、こんな説明があります。

万象は神の発顕(はつけん)、世界は神の顕現(けんげん)、人は神の性を受けて現われ、あたかも天界での星の如く、小宇宙をなし、小中心をなして、その各々の境に於いて主位に居る。

つまり、人間は神様の分け御霊であり、神様と同じ力を宿しているというのです。

 

人間は神に近い存在だと言ってもいいでしょう。

 

人間は小宇宙を成していて、元々私たちは「渦」で出来ているのです。
その名残として、指に指紋があったり、頭のてっぺんに渦が残っています。

 

そんな神の存在に近い私たちと「動物」は、一体どんな違いがあるのでしょか?
動物には使えなくて、人間だけが使えるものって分かりますか?

 

それは、①言葉が使える

意識がある  ③物が使える(作れる)

 

これが、人間にはあって、動物にはないものだそうです。

 

確かに動物にも鳴き声はありますが、合図のようなもので会話ではありません。
人間は考えて行動できますが、動物は本能のままに動いていますし、物も作ることが出来ませんね。

 

では、なぜ猿は言葉を持たず、人間だけが喋ったりできるのでしょうか?
それには最大の理由があります。

 

それは、人間が神様に選ばれているからです

 

神様に選ばれて、「言葉」「意識」「物」を使う特権を与えられているのです。
だから、動物のように何も考えず、ただ本能のまま生きる事を神様は喜ばないのです。

 

そして、大事な事なんですが、「言葉」は夢を実現するために使うものです。
そして、多くの人の幸せを意識して、文明の利器(物)も使いこなさなくてはいけないのです。

 

現代で、一番手っ取り早く使える文明の利器はSNSです。
これも人間に与えられた特権なので、うまく使いこなすとスピードが上がります。

 

この世は行動をしないと成果が上がらない仕組みになっているので、SNSも上手に取り入れて、使いこなすと夢の実現により早く近づけます。

 

是非正しい言葉を使い、人を幸せに導く意識を持って、便利なものを上手に利用し、人間の特権をフルに活用していきたいですね。

心のクセ

メルマガ「100人の1歩」より抜粋します。

私達は心に余裕がない時や、落ち込んで自信を失っている時、
ついつい他人の悪口をいってしまうことがあると思います。

 

「あの人偉そうよね」

「あの人、地味な仕事はやらないで、いつも好きな仕事ばかりやってずるい」

 

ついついため息と一緒に、こんな思いになる時がありますよね。

 

でも、他人を批判している時は、実は自分の本心を告白しているのと同じなのです。

 

実は、人を批判する時というのは、「自分が偉そうにふるまえる人が羨ましい」
という事だったりします。

 

「自分はそうできないから、好きな仕事ばかりできる人が羨ましい」ということなのです。

 

悪口や批判は、「自分がやりたくて出来ない事や、自分が恥ずかしくて言い出せない事を、堂々とやっているあなたはずるい、羨ましい」・・・と言っている事なんですね。

 

これが本音と言えるのかもしれません。
つい、うまくいっている人を見ると、羨ましくて、口に出してしまうのですね。

 

これは自分に自信がない時の「心のクセ」なのです。
クセなので、意識しさえすれば変えることが出来ます。

 

まずは、自分に自信を持ちましょう。
私達は、神様の分け御霊であり、神=人間だと思えば出来ない事はありません。

 

動物が持っていない「言葉」「意識」「物を使う」で、小宇宙はどんどん広がり、必ず夢の実現に向かっていきます。

 

あなたはどんな言葉を使いますか?

どんな風に生きていきたいですか?

そして、どんなものが作りたいでしょうか?

 

心のクセに気づいたら、要らない感情は直ぐに手放して、心に余裕を持ちたいですね。

 

それから、時間を守り、人の時間も大切にすることが運を下げないコツです。
どんな時も5分前集合は、常に意識した方がよさそうですね。

まとめ

今日は、①人生は神様がプロジューサーで、人間はその主役であるというお話と、②心のクセに気づいて、自分に自信を持とうというお話をしました。

 

いかがでしたか?
神=人間なのだから、私たちは猿のように本能のまま生きる事は出来ませんね。

特に弱気になりそうなときは、前向きな言葉を使う事でその隙間を埋めていきましょう。
言葉を繰り返し使う事で、弱気な心を信念へと変えてくれます。

 

「私は絶対できる」

だって私たちは、神様と同じ力を宿しているのですから当然ですよね。

 

そして自信のない時には、はったりも必要かもしれません。

 

人を羨ましいなと感じる時は、「あぁ、私は自信を失っているんだ」と気づき、
自信が湧いてくるような言葉を、自分に与えて心を満たす事です。

 

マイ褒め、とてもいいですよ。
簡単なところから、是非やってみて下さいね。

 

今日もあなたを応援しています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. スピードを上げることは、何にでも共通。仕事でも恋でも趣味でも。成功の第一条件ですね。

    人間は、神様の子供。神様は、悪いことは言いません。神様の子供だと自覚できれば、悪い言葉は、出ないはずです!

    良い言葉を発して、良運、良縁をどんどん引き寄せたいですね!

    今日も貴重な言葉、ありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました