志を持つと、人生が面白くなるというお話

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

お正月休み、皆さんはどんな風に過ごしていますか?
私は昨年と変わらず、ほぼ同じルーティンで過ごしています。

 

朝は早起きを心掛ける。
朝活に参加し、寝ている頭を徐々にフル回転させる。

 

これを出来るだけ長く続けるように頑張ります。
そして、元旦は近所の天神様にお参りをしました。

 

一年間無事に過ごせたことに、感謝の気持ちを伝えました。
これからも誰かに笑顔を沢山届けられる人になりたいです。

なぜ志が必要なのか?

今朝の勉強会は、『志が全て』という話でした。
志を持たずに生きていると、挫折した時に死にたくなるそうです。

 

お金も人気もある有名な芸能人が、自殺するケースがありましたよね。
彼らは成功しているように見えて、実は志がなかったのかも・・。

 

自分の本当の気持ちを隠して、周りに合わせてしまう事もある。
そんな時、視野も狭くなり、自分の事しか見えなくなってしまいますね。

 

志がないと、困難に遭遇した時に夢や希望が無くなってしまうのです。
例えば、愛する人やペットを失い、子供もおらずひとりぼっちの人・・。

 

全員がそうだとは言いませんが、志がないと過去に生きる事になります。
思い出の中で生き、過去の出来事に一喜一憂し、悲しみにくれます。

 

もう過去は過ぎ去ってしまったのに・・・
二度と戻れない事は頭では分かっているのに・・・

 

それでも、過去の楽しかった思い出にしがみついてしまいます。
それは、なぜなのでしょうか?

 

もうこれ以上傷つきたくないし、未来に希望が全く見いだせない。
煩悩がなくなったのではなく、志がないのです。

 

楽しもうとする心や夢や希望がないと抜け殻になります。
人はある意味、とても弱い存在なのかもしれません。

 

志=ある方向を心に決めた目標・目的であり、
自分以外の誰かの幸せの為に、何が出来るか考える事が志です。

 

あなたもきっと、何か心に決めた思いがあると思います。
そして、それを告白する勇気が必要です。

神様に宣言する

以前、『プロフェッショナル人とはどんな人?』という話をしました。
プロフェスとは、『宣言する』『告白する』という意味があるそうです。

 

ここでは、神様に向かって宣言、告白をしたら良いということ。
でも、決して完全無欠である必要はありません。

 

例え出来なくても、『目指す』・・ということが必要なのです。
完全を求めるよりもワクワクする永遠の青さを・・

 

過去よりも未来を・・・

 

この世はあなた次第で、まだまだ面白くすることが出来るのです
だから、志を神様に向かって宣言する気持ちが大事だと思います。

 

『運の良い人とは、志を持つ人のこと』
せっかく神様から頂いたこの命、志を果たす為に使いませんか?

まとめ

そして、志を持つためにはワクワクする気持ちが大事です。
楽しもうとする心、ユーモアを持って臨まないと続きません。

 

大好きな彼と初デートをするようなワクワク感。
その時の高揚感とかを考えると、リアルに想像できますね。

 

幸せな気持ちで、未来を先取りしちゃいましょう。
例えまだ叶っていなくても、目的地を先に決めてしまうのです。

 

そして、『宣言する』行動をしていくのです。
最初うまくいかなくても、ずっと行動し続ける事が大事です。

 

でもたまに、子供が習い事を途中で止めたいと言った時、『やりたいと言ったのはあなた。決めた事は最後までやるものよ』っていう親がいますね。

 

でも、こんな風に言ってはいけないと思います。
完璧にやり遂げられる人は、出来ない人の気持ちが理解できません。

 

これはとても危険な事です。
知らず知らずのうちに、相手を責めてしまいます。

 

相手を責めるのではなく、その人の気持ちを理解することが必要です。
志は自分の為ではなく、人の幸せの為に持つものだから・・・

 

2021年も明るく希望を持って前に進みましょう。
行動を止めなければ、あなたの志は絶対叶うと信じています。

 

志を持つ事は、あなたの為になるのです。
絶対に運が良くなります。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 志を持たなければ失敗した時に絶望感しか残らない。それが自殺に繋がる…本当にそうですね。
    志を持てる人間がどれだけ増えるのか、自殺者が減ることとイコールかもしれませんね。
    問題は、志とはそもそも何か?何故、志を持つ必要があるのか?志の意味とは?…根本的なところからの理解ができるかどうかが問題ですね。家庭内における親の教育が大きな意味を持っているような気がします。酒浸りでその日さえ良ければいい、人が文句を言ってきたらやり返せ!…そういう環境にいると志を考えることすら無意味に感じるでしょう。でも、そういう方達も神の子。マザーテレサの偉大さが改めて心をえぐります!
    とりとめのないコメントになってすみません。
    志を持つ大切さという気付きをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      小笠原さん、今日もコメントありがとうございます。
      神様は平等です。どんな人も大きな愛で包んで下さいますが、それに気づける人と、気づけない人がいると思います。
      この世は自己責任。もし気づけなければ、その人はそれなりの人生を歩むしかありません。でもそれは、神様の意思と真逆の生き方だと思います。
      まず自分が気づいて、志を持ち、人に与える生き方をした方がいいですよね。
      志はそんな自分を支えてくれる、大きな宝物だと思います。

タイトルとURLをコピーしました