開運への導き98~「笑いの効果はすごい!」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

人を元気にする「笑い」の研究を、筑波大学名誉教授の故村上和雄先生がなさいました。

 

科学者で、遺伝子工学の権威である村上先生が、本気で笑いの効能の研究をなさったのだそうです。

 

そして笑いには「医力」があると言われました。
笑いの知られざる効用に、笑顔でポジティブに生きる事の大切さを教えられます。

 

それは、こんな実験結果です。
ストレスには、ポジティブストレスとネガティブストレスがあるそうです。

 

ネガティブストレスを受けると、血圧や血糖値が上がったりするので、逆にポジティブストレスを加えたら、血糖値が下がるのではないかと考えたそうです。

 

そこで村上教授が考えた実験結果がコレです。
偶然吉本興業の社長さんとご縁があり、笑いが体に与える影響を調べたのだそうです。

 

どうしたら科学的に証明できるかを考え、糖尿病の初期の患者さん20数名を対象に、2日間かけて実験をされました。

 

一日目は軽い昼食後、大学の先生による「糖尿病について」という講義を聞いてもらい、聞いた後に血糖値を測る

 

2日目も同じ食事をとってもらった後、同じ時間から漫才をきいてもらい、その後血糖値を測る。

 

さて、どのような実験結果になったと思われますか?
皆さんも大体予想がつくのではないでしょうか。

 

結果は、大学の先生の講義を聞いた後は、食前に測った血糖値よりも、平均で123ミリも上がったそうです。

 

上がる人は200以上も上がったので、血糖値の高い人は要注意ですね。

 

でも、漫才を聞いてもらった方は、笑いによって平均77ミリ下がっていたそうです。

 

それからいろんな遺伝子を調べ続けて分かった事を、村上教授はこのように仰っています。

 

やはり笑いによって、ONになる遺伝子と、OFFになる遺伝子がある。
みんなが楽しい事をすれば体の調子が良くなる」とのことです。

 

遺伝子の研究で、データととして裏付けられている事は、信頼できるし、面白いですね。

 

笑いの効果を、生活の中に取り入れていきたいと思います。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. 笑いの効果を科学的に検証するって面白いですね!
    笑いは幸せの源です。笑顔は笑顔を呼び込みます。
    人と接する時も「微笑」ひとつで、全然違う印象を与えるものです。こちらから笑顔を発信していきたいものですね。苦虫をかみつぶしたような人も、何人かは笑顔に変わってくれるかもしれません。
    今日もとても素敵なお話しでした!ありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。笑顔を自分から発信できる人が多くなれば、きっと自分も健康になるし、周りも気持ちよく過ごせるので一石二鳥ですね。
      私も心掛けていきたいと思います。今日もコメントをありがとうございました。

  2. 「笑う門には福来たる」と言いますが、本当に笑うことは福を呼び寄せますね!
    昔父が、笑うことは良いことだと言って、ワッハッハッ!と笑っている姿を見て、変なのって思っていましたが、今になると言おうとしていた意味がよくわかります。
    毎日笑顔で福を寄せ、感謝して幸を寄せる生き方をしていきたいものですね!
    今日も大切な気付きをありがとうございます。

    • ゆーみん ゆーみん より:

      確かに「笑う門には福来たる」って言いますね。わっはっはとお腹の底から笑うと、気持ちがいいし、
      見てる人たちも気持ちがいいものです。感謝の気持ちが自然に湧いてくるから、本当に不思議ですね。
      今日も元気に笑って下さいね。いつもコメントをありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました