ゆーみんの『幸せの道標』⑱幸せは人間関係と密接につながっている

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

皆さんは普段どんな人間関係に囲まれているでしょうか。
その方とは、強い信頼関係で結ばれていますか?

 

もし、深いつながりを感じる人たちに囲まれているなら、それだけでも、幸せを感じられるでしょう。

 

人と繋がっている感覚がある時、私たちは安心感を持つようです。
どうやら、人間関係が私たちの幸せ度を決めていると言っても過言ではないでしょう。

 

米イリノイ大学名誉教授のエド・ディーナー博士の研究によると、幸福度の高い人達は例外なく、助け合える家族や友人などに囲まれていたと言います。

 

逆に、助け合える家族や友人などに恵まれていない人たちは、社会的に成功していても、あまり幸せを感じていないそうです。

 

このような研究は、世界中で行われていて、いずれも似たような結果が得られているそうです。

 

つまり、社会的な成功を追い求めて、それらを手に入れたとしても、幸せになれるかどうかは分からないということです。

 

なぜなら、社会的な成功が、友人や家族を遠ざける事だってあるのです。
またビジネスの殺伐としたエネルギーが、自分や周りを傷つける事もあります。

 

だとしたら、自分の成功を考える事も大事ですが、周りとの調和や信頼関係を築かなければ、その成功も長続きしないかもしれません。

 

このあたりのバランスは、失ってはじめて気づく健康と似ているかもしれませんね。
人間関係を一番大事にするくらいの気持ちを持った方が良い気がします。

 

あなたが、笑顔溢れる人生を生きたいのなら、今の人間関係を大事にしましょう。
最後に、米の政治家、ベンジャミン・フランクリンの名言を皆様にお伝えします。

 

「目上に対しては謙虚に、同僚に対しては礼儀正しく、目下には優しく振舞う。
これはみんなが心地よく生きる為の社会のルールである」

 

この言葉を聞いた時、とても新鮮に私の心に響きました。
このルールを守っていけば、人も自分も幸せな人間関係が築けるような気がします。

 

是非、私も取り入れていきたいと思います。
今日も最後までお読みいただき、有難うございました。

コメント

  1. 目上には謙虚に、同僚には礼儀正しく、目下には優しく…素晴らしい言葉です!このベンジャミン・フランクリンの言葉は、僕も大好きです!
    社会生活を送る上で、規範となる言葉ですね。
    今日も素晴らしいお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      おはようございます。この言葉に出会えて、毎日誰かに対して接する時に、自分は今どんな態度でいるのか、意識するようになりました。
      大切な社会のルールだと思います。今日も宜しくお願いします。コメント、ありがとうございました。

  2. ベンジャミン・フランクリンの言葉は、最近聞いた中では一番のインパクトのある言葉です!
    人間関係の規範となる言葉ですね!
    自らの姿勢もよくチェックして、反省して直すべきは直したいと思います。
    今日も大切な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      私もこの言葉は、一番インパクトがありました。是非、日々の生活の中で覚えておきたい言葉であると思います。
      人間関係の規範となる言葉が知れてよかったです。こちらこそ、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました