開運への導き~93「相手の話を聞くように心がけよう」

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

おはようございます。
開運セラピストのゆーみんです。

 

コーチングとティーチングの違いについて、こんな話を聞く機会がありました。

 

簡単に言うと・・・

🍀「ティーチング」→指示をだすこと(答えを与える)

🍀「コーチング」→会話を通じて、相手の答えを引き出す。

 

コーチングは、相手の答えを引き出し、それを行動につなげるコミュニケーション・スキルです。

 

つまり、指示や命令で相手を動かそうとしたり、コントロールしようとしたりするのではなく、相手が自らこと絵を考え、それを行動に移すのを手助けするのがコーチングです。

 

そして、コーチングにおいて「聞くことに」はかなり重要です。

 

コーチングには、「相手が出来るだけ自由に、何でも話せるようにすること」が大事なのです。

 

コーチングする人に、相手よりも優れたスキルを必ずしも持っていなくてもいいのです。

 

相手の話をよく聞き、引き出す能力が高ければ、相手は必ず自分の答えの中から、問題点を見出だすようになるからです。

 

例えば「もっと話して!」「そこのところをもっと詳しく‼」という風に会話を広げ、促進していく事が大切です。

 

「傾聴の三動作」という田中真澄氏の言葉。
話三分に聞き七分、うなずき、あいずち、驚きの表情

 

この3つが、とても効果を生むと言われています。
人は自分の話を聞いてもらいたくて仕方がないのです。

 

私達は、人の話を最後まで聞いているでしょうか?
待つ事をせず、自分の話したい事だけ話すようなことをしていないでしょうか?

 

愛を持って、相手の話を聞き、相手の心を開きながら、問題解決へと導くコーチングを、日々の生活の中で行っていけるといいですね。

 

コミュニケーションがうまく取れるように努力したいです。
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

       

コメント

  1. 今日のお話はビジネス研修、特にセールスマン研修でよく題材にされるお話しですね。
    人との接し方、話し方等気持ち良く接して頂く上で必要な事項です。
    僕は営業マン時代、なかなか難しいなと思われるお客様には、「買わなくていいですからね」というところから入りました。現状の得意先を大切にしていることを褒める所から入りました。相手を認める所から入いることが大切だからです。
    今日のお話しを聞いて、フッと昔のことを思い出しました。
    今日も素敵な気付きをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      よく出来る営業マンの方も、まずは人を認めるところから入るという事は、とても興味深いお話でした。
      人との接し方、話し方はいつも大事な事ですね。
      今日も素敵なコメントをありがとうございました。

  2. 「傾聴の三動作」面白いですね。今、不動産管理の仕事をしているのですが、マンションに住むおばあさん相手には、本当にそういう感じです。くだらない話でも、そうですか、うんうん…と聞いてあげると、スッキリするようですね。
    日々の仕事そのものです。
    今日も素敵なお話しをありがとうございます!

    • ゆーみん ゆーみん より:

      お仕事の中で、人のお話を聞いてあげるお姿はとても素晴らしいですね。
      是非これからも続けていってください。
      人の心を和やかにスッキリさせてあげる事も、愛のある行為だと私は思います。
      今日もコメントをありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました